就活スタートガイド

  • 「就活スーツは1着でOK」は誤解!正解は何着&理由を教えます!

「就活スーツは1着でOK」は誤解!正解は何着&理由を教えます!

就活では何着スーツを持っておけばいいの
スーツ1着でも就活、乗り切れるよね…

就活が本格化する前に、スーツは買っておきたいところです。しかし、いざスーツを買うとなると一着で大丈夫なのか、と不安に思うこともあります。

そこで今回、就活スーツは何着買うべきなのかを理由とともに紹介します。また、記事の後半では、就活スーツを用意したら準備したいことも解説します。

就活スーツは"最低2着"買うべき!3つの理由とは

就活スーツは一着でも大丈夫だと考えがちですが、実際用意しておきたいスーツは最低2着です。その理由を実際に見ていきましょう。

【理由1】就活スーツが1着だとクリーニングに出せない

考える就活生女性

まず、就活スーツを一着しか持っていないと困るのが、クリーニングに出したとき、代わりに着れるスーツがなくなることです。

汚れやシワがついたスーツを面接へ着ていくと、面接官にやる気が感じられないといったマイナスの印象を与えかねません。そして意外と多いのが、毎日スーツを着ることで背中にシワがついているパターンです。自分では気が付きにくいため注意が必要です。

また、就活中では「スーツが着られなくなった」というケースにも準備しておかないといけません。

例えば、雨で汚れてしまった、コーヒーをこぼしてしまった、などスーツが着られなくなるケースは多くあります。

そんなときに、スーツが一着しかない、しかも次の日が志望企業の最終面接、となったら辛いものです。そうならないために2着以上持つのがおすすめです。

【理由2】複数枚持っていると業界によって印象を変えられる

2種類のタイプのスーツを着る女性と男性
スーツはどれも同じなのだから、どの業界に来て行っても関係ないと考えがちですが、実際は会社の社風や業界の雰囲気によって、着ていくべきスーツのスタイルは変わってきます

例えば、

堅めスタイルの業界
信用・信頼が非常に重要視される業界
・銀行
・公務員
・ホテル
柔らかめスタイルの業界
個性やコミュニケーション能力が重要視される業界
・広告
・IT
・旅行

堅めの業界、柔らかめの業界、どちらも受けるということもあります。また大手企業とそうでない企業でも雰囲気は変わります。

そういったときに、同じ印象のスーツではなく、

  • 堅めの業界:青無地のスーツ(黒無地はお客様に威圧的な印象を与えるためNGの場合がある)
  • 柔らかめの業界:グレーのストライプ入りのジャケット

など、志望する業界の印象に合ったスーツを着ることで、面接担当者にその企業に合う人材だと思わせることができます。

例:堅い業界
例:柔らかめの業界
無地の黒スーツと無地のネクタイを着用している就活生 グレーの縦ストライプの入ったスーツと柄付きのネクタイを着用している就活生

就活用のスーツの柄や、色については下の記事で詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。
就活用スーツのベストアンサーは無地の濃紺!スーツの色や柄を簡単解説

また、男性の場合、スーツによって雰囲気は変わるため、ネクタイも雰囲気に合わせて選ぶのがポイントです。

【理由3】就活スーツを二着持っていると、季節ごとで使い分けられる

汗臭い就活生

就活スーツを二着持っていると、夏用と冬用というように、季節ごとで使い分けることができます。

夏用と冬用は一見すると同じように見えますが、生地と裏地に違いがあります。夏用の就活スーツは生地が薄く、裏地がついていません。

そのため通気性に優れており、暑い夏にも涼しく着ることができます。また、冬用スーツに比べると比較的軽いので、体に負担もかかりにくいです。

一方、冬用の就活スーツは生地が厚く、裏地もスーツの裏側にすべて張ったものです。そのため保温性が高く、寒い冬でも暖かく着ることができます。また、裏地があることでシャツとスーツの摩擦を軽減しスーツの傷みを抑えることができます。

就活スーツ2着のおすすめな買い方

いくら「2着以上買いましょう」と言っても、就活スーツを複数購入するとなると、それなりのお金がかかってしまいます。

社会人なら上質なスーツが必要な場合もありますが、就活では価格が安いものでも大丈夫です。しかし安いスーツだと「面接官に悪い印象を与えないか」と不安になるところもあります。そんなときにおすすめの買い方は、

  • 1着目は、本命企業の面接用に3万円のオーダーメイドスーツ
  • 2着目は、説明会、本命でない企業の面接用に量販店の1万円以下の格安スーツ

面接は1回で済むことはあまりなく、同じ会社でも2~3回は受けることになります。最後の面接は会社のトップ自ら就活生を面接することも少なくありません。

就活用に購入したスーツは、購入したときこそパリッとしてキレイだったとしても、毎日着ているうちにヨレてクタクタになります。

ここ一番の大勝負のときにクタクタのスーツでは、相手の面接官や採用担当者に本気度を疑われるどころか失礼になりかねません。勝負用のスーツを1枚用意しておき最終面接に臨むことがポイントです。実際にこのような19卒学生もいます。

19卒 IT業界志望 女子学生 Bさん
本命企業の面接にはオーダーメイドのスーツで、そのほかは安いスーツで乗り越えた。見た目も変わるし、しっかり見えるので、しわやシミには困らなかった。

また、本選考の面接の時期に合わせて、オーダーメイドスーツにしてみるのもおすすめです。

スーツを用意したら準備したい3つのこと

大学3年生の夏インターンが始まる前に準備するべきことは、スーツの購入などたくさんありますが、その中でもに特にやっておきたいことが3つあります。ここではその3つをそれぞれ紹介します。

1.シャツと靴を早めに購入する

購入する女性
就活が少しずつ本格化する大学3年生の始めにしておきたいこととして、予備のシャツや靴を買っておくことです。

これは、夏インターンで汗をかいたときに予備のシャツがあると便利であること、また説明会や面接で就職活動が本格化すると、毎日シャツを着ることになるため、しわやシミができます。1日おきに交換するために、夏用の予備シャツや靴を用意しておくと便利です。

以下が昨年就活を終えた就活生の体験談をもとにした用意しておくべきものとその個数を表した表です。スーツ専門店に行く前の材料として参考にしてください。シャツは汗シミが出づらい機能性の高いものを使っていたようです。

金融・IT業界志望だったAさん(女子学生)の用意したもの
用品名 購入個数 内訳
スーツ 2 黒スーツ×2
シャツ 3 スキッパーカラー白×1
シャツカラー白×2
パンプス 2 黒パンプス5cmヒール×2
ストッキング 5 なし
スキッパーカラー
第一ボタンがないタイプのシャツのこと。首元の見える範囲が広がるのですっきりした印象を与えることができるが金融業界などには不向きのシャツ
シャツカラー
第一ボタンまでしっかりあるタイプのシャツのこと。基本的にどの業界志望でも使えるシャツ

<就活靴に関する記事一覧>
身だしなみは足元から!女性が就活中に履くべき靴はどんなもの?
男性用就活靴はどれがいい?選び方のポイントを解説!

2.自己分析と企業研究をしっかり行う

考える男性
就活が本格化する前にぜひ取り組んでほしいのが自己分析と企業研究です。軽くやり方を紹介します。

自己分析

小学生から大学生の今までのモチベーショングラフを作成するのがおすすめです。そのあと気分が上がったところはなぜ気持ちが上がっていたのか、下がったところはなぜ下がったのかを自分で研究して、自分を知りましょう。

企業研究

企業研究の仕方に決まりはありませんが、おすすめは業界研究の冊子やインターネットを確認し、各業界の関連性やニュースリリースを確認する方法です。ここでどんな業界に興味を持つかなどを把握することが大切です。

3.就活生向けの履歴書と写真を用意する

証明写真と履歴書
就活が少しずつ本格化する前に就活で使う履歴書と写真を購入しておきます。

理由としては夏のインターンシップが始まってから購入すると、応募の際に、慌てて準備をしないと間に合わなくなってしまうためです。遅くても大学3年生の春くらいまでに揃えておくと安心です。

<就活用証明写真に関する記事一覧>
資生堂の就活用証明写真ってどうなの?プランや予約方法を徹底解説
就活履歴書の適正サイズは?就活生におすすめの大きさや選び方を紹介

履歴書購入の際には中身をしっかり確認

就活用の履歴書を用意する際には中身を確認するようにしましょう。

アルバイト用と転職用と就活用の履歴書では内容が全く異なるためです。

具体的には学歴・経歴・学生時代力を入れたこと・資格が書けるものを準備しましょう。

就活履歴書の顔写真を早めに用意

就活用の履歴書を準備したら同時に就活履歴書の顔写真も用意します。

この際、自分の印象が清潔感あって良く見えるような写真を準備しておきましょう。就活スタジオでヘアアレンジやメイクも合わせて依頼して撮影すると、撮影データと現像された写真どちらも手に入るうえに質も高いのでおすすめです。

【まとめ】就活用スーツは2着の購入がおすすめ!その他自己分析や履歴書購入は早めに

ここで大切なことをもう一度おさらいしておきましょう。

  • スーツは2着用意するのがおすすめ
  • その他シャツ3着、靴2足用意するのがおすすめ
  • 他にも準備しておいた方が良いこと3つ
  • 1.自己分析と企業研究を行う
    2.履歴書を購入する
    3.履歴書用の写真を用意する

スーツは本選考が忙しくなると、ほぼ毎日着るものです。さらに就活時に毎日着て内定が出た後も研修で着るので、1着だと乗り切ることが難しいです。2着は準備しておきましょう。

またその他自己分析・企業研究・履歴書・写真の準備も早めにやっておきます。
就活の履歴書写真をどこで準備すべきか迷う人は、就活写真館に行くこともおすすめです。

就活写真スタジオを見る

TOP