就活スタートガイド

安いものでOK?リーズナブルなスーツが及ぼす就活への影響

スーツを購入するとなるとそれなりの費用がかかってしまうため、頭を悩ませている就活生も多いことでしょう。

ここでは、リーズナブルなスーツが就活へ及ぼす影響と、相場が上下で2万円程度である理由、スーツを安く購入する方法、安っぽく見せないための工夫などを解説します。

1.就活スーツの相場って?

就活に着用するスーツの相場とはいくらくらいになるのでしょうか。購入する前にいくらくらい用意しておけばよいのか知りたい人も多いでしょう。ここでは就活スーツの相場について説明します。

就活用のスーツは2万円程度が相場

就活用のスーツは1万円しないものもあれば10万円するものもあります。相場としては2万円程度のスーツが就活用として適しています。

1万円以下の安すぎるスーツはすぐにヨレヨレになるなど生地がしっかりしていないものも多く、縫製もいい加減なものがあり、持ちが悪いからです。

逆に10万円以上の高級スーツは身の丈に合わないものを着ているように見られ、面接官に悪い印象を与えがちです。

どんなに見栄えがよく着心地のよいスーツだとしても、高級ブランドやフルオーダーのものは避け、就活生にふさわしい1~3万円以内のスーツを選択するようにしましょう。

ブランドよりも就活用のものを生地や着心地で選ぶ

スーツは基本的に価格に応じて生地などの品質が変わりますが、なかにはブランドのイメージばかりが先行して品質が伴っていないものも存在します。ブランドのネームバリューで判断するのではなく、品質や着心地で選ぶようにしましょう。

よい生地を使っているものは密度が高いです。また、就活用に作られた初々しい感じのするスーツは自然と面接で好印象を持たれるような相場以内のものが多いので、わからなければ就活用として売られているスーツから選んでみてください。

全部含めると5万円はかかる

スーツ自体は1着2万円程度で済んでも、小物など他にも必要なアイテムをそろえると総合して5万円程度かかることになります。ワイシャツにシューズにバッグ、ソックスにハンカチ、ベルトなどを就活用にそろえる必要があるからです。

男性であれば就活生の場合、ネクタイの存在も欠かせません。

下着ラインがわからないようにしたり透けて柄が見えたりしないように、ワイシャツの下やパンツの下に着るものも一緒に購入するようにします。

コートも就活から入社式まで必要となるアイテムです。スーツにあまりお金をかけていると他のアイテムを購入するための費用が捻出できなくなります。

2.就活のスーツを安く買う方法

就活するのにもそれ相応の金銭的な負担がかかってきてしまいます。そのため、少しでも就活用のスーツを安く購入したいと思っている人も多いはずです。ここでは、就活のスーツを安く買う方法について説明します。

就活生のためのスーツが安いAOKI

就活生向けのスーツを相場価格で買いたい場合、AOKIを参考にするとよいでしょう。AOKIは「マイナビ学生の窓口」や先輩就活生と協力して「究極の就活シリーズ」を作っています。

クリーニングに出さなくても洗うことができ、素材もシワになりにくいものを採用しているので、清潔感のある印象をもたらしてくれるスーツです。伸縮性に優れたストレッチ素材も採用するなど、機能性や耐久性に優れています。

就活シリーズの価格は定価で買うと5万円近くするものもありますが、AOKIはよくホームページや大学生協のクーポンで半額になり、3万円程度で買えるようになっています。さらに学生応援カードを提示すると割引を受けることが可能です。

スーツのサイズが豊富でどんな体型の人でもフィットするユニクロ

自分に合うサイズがなかなかない人は、ユニクロのスーツがおすすです。ユニクロではシャツやジャケットをオーダーメイド感覚で選ぶことができるようになっています。

シャツはデザインバリエーションが豊富なので、面接を受ける企業に合わせて複数のパターンを用意しておくことが可能です。サイズもXS~3XLまで豊富にあり、どんな体型にもフィットするようにしています。

店舗に行けばスタッフが採寸してくれ、適切なサイズを教えてくれるのでスーツ専門店に負けていません。ジャケットは1万円台のものが販売しており下の5,000円程度のセットパンツと合わせると2万円程度で済みます。

ストレッチ性素材、身体のラインに沿ったデザインなど見た目と動きやすさを重視しているのも就活生にはうれしい点です。

長く使えるイージーオーダースーツが安く作れる共済

どうしても既製品のスーツで合うものが見つからない場合、各県民共済のイージーオーダースーツを利用するという手もあります。

例えば都民共済のスーツは、海外縫製で13,800円(税別)、国内縫製で19,900円~オーダーが可能です。デザインスタイルや生地を就活用として依頼し、採寸、ボタンや裏地、ポケットなども依頼すれば就活用に仕立ててくれるサービスです。

就活時だけではなく就活後は冠婚葬祭用としても長く使うことができます。

3.就活でスーツを安っぽく見せないことが大切

就活スーツを低予算で購入したときは、特に安っぽく見せないことが大切です。どうしても、値段が安くなれば製品として見劣りしてしまう部分はあります。ですが、それを上手にカバーすることもひとつのテクニックなのです。

試着して着こなせるかどうかで選ぶ

どんなに良質なスーツでも、サイズが大きすぎるとだらけて見えます。一方、小さすぎても動きにくくなります。まずはその人の体型に合うスーツを選ぶことが大切です。

お店が近くにある人は試着をしてみて、自分のサイズやスタイルに合う型を見つけるようにしましょう。

プロにスーツスタイルを伝授してもらう

就活のとき、まず履歴書に添付する写真を撮影しますが、この撮影時のサービスを利用して自分のスーツスタイルを決めるという方法もあります。

証明写真の撮影スタジオには、カメラマンだけではなくスタイリストやヘアメイクアシスタントがつき、スーツもレンタルしてくれるところがあるからです。

撮影時のスタイルを基準にスーツを選んで着こなせば、ビシッと決まったスーツスタイルで就活に臨むことが可能です。

着方やお手入れでも安っぽい印象は防ぐことができる

体型に合うシルエットのスーツを選べていてもだらしなくなってしまうようなら、着こなし方が間違っているかもしれません。

ボタンは留まっているか、ポケットのフラップが中に入っていないか、体型が変わり腰回りなどに余計なあそびが出ていないかどうかを確認してみてください。ネクタイだけでも結び方ひとつで全体の印象が変わってきます。

4.2万円程度で自分が着こなせるスーツであれば印象をよくできる

就活生にとって相場価格程度の品質のしっかりしたスーツを選ぶことは、面接で悪い印象をもたらさないためにも大切なことです。ただし、機能性や耐久性がありキレイなスタイルのものであっても、着こなし方が悪いと安っぽい印象を与えてしまいます。

購入するときは試着を必ずして、生地の状態や動きやすさなどを確認し、価格に見合ったものを手に入れるようにしましょう。

TOP