就活スタートガイド

就活用スーツ|男女別のスーツの選び方とおすすめブランドを紹介

初めて就活を行う学生にはリクルートスーツとビジネススーツが同じものだと思っている人がいます。リクルートスーツとビジネススーツでは生地や柄、価格などに違いがあるので、どのように選べばよいか迷う人は多いでしょう。

今回は、就活で選ぶリクルートスーツはどのようなものがよいのか、どのようなメーカーのものが人気なのか解説していきます。

1.就活ってどんなスーツがおすすめ?

リクルートスーツは特にこういうもの、といった明確な定義はありませんが、一般的には黒、もしくは濃いグレーや紺色で、量販店が就活をする学生向けに販売している値段の安いもののことを指します。

リクルートスーツ選びで男女共に共通するスーツのカラー

男女共に就活で着用するスーツは黒い色が一番おすすめです。黒いスーツは就活では鉄板のカラーで、真面目な印象を相手に与えやすいです。女性なら清楚な雰囲気も与えることができるので、面接時に相手によい印象を与えやすい色です。

グレーのスーツはフケや埃といった白っぽい汚れが目立ちにくいというメリットがあります。男女共に誠実さや知的さ、落ち着きのある人といった印象を相手に与えることができます。

どの色のスーツの場合でもシャツは「ホワイト」が一般的です。

女性におすすめのスーツ

就活を行うとき、女性の場合はスカートにするかパンツにするかで迷う人が多いですが、一般的には面接のときにパンツかスカートかで影響が出ることはありません。

スーツスカートの場合は女性らしさや華やかさという印象を相手に与えることができます。身長が低めの人の場合はパンツよりもスカートのほうが相手に柔らかい印象を与えることができるのでおすすめです。

スカートとは逆にパンツの場合は仕事ができる、しっかりしている・落ち着きのある雰囲気が強く、きりっとした印象を与えることができるので、身長が高い人はパンツスーツで落ち着きのある雰囲気を活かして面接に臨むことをおすすめします。

男性におすすめのスーツ

男性の場合も女性同様に基本は黒のスーツですが、業界によっては濃紺やグレーのスーツのほうが好意的に見てもらえることがあります。

黒い色のスーツは落ち着きや清潔感・真面目という印象が強く、グレーの場合には柔らかで優しい印象を与えることができます。濃紺は顔の色を明るく見せてくれ、洗練された上品さや落ち着きがある印象を与えます。

ストライプのスーツはカジュアルさが強いので基本的に就活には向きませんが、アパレルやベンチャー系など個人のセンスや個性を大切にする業界ではよい印象を与えることがあります。

2.就活で受けがよいおすすめなスーツのブランドは?

日本国内では大手スーツメーカーなどが参入しているリクルートスーツですが、実際に就活している人に人気のあるブランドはどこなのか気になる人が多いようです。

就活におすすめなスーツのブランド1:AOKI

AOKIは男女共に就活におすすめのブランドです。

全国にある店舗数も約500店以上とスーツ量販店の老舗ともいえるメーカーで、若年層向けのスーツのラインナップが充実しています。量販店のため、スーツの値段も安く購入しやすいのが人気のポイントです。

就活におすすめなスーツのブランド2:スーツセレクト

スーツセレクトはデザイナー・佐藤可士和が監修しているスーツブランドでメンズスーツがおすすめです。

軽くて動きやすいと定評があるので、活発に動く就活生には着心地がよいスーツとなっており、細身のデザインのものが多く、すっきりとしたシルエットを作り出します。

就活におすすめなスーツのブランド3:COMME CA ISM

COMME CA ISM(コムサイズム)はレディースのスーツブランドの中では人気の高いブランドです。

ウエスト部分も締まって見えるデザインになっており、使用している素材も質のよいものを使っているので、安っぽさがありません。布地がしっかりしているので、就活用に購入したスーツは就活後も使用することができます。

3.志望業界によっておすすめのスーツは違う

就活のスーツは基本的には黒が一般的ですが、志望する業界によってはストライプのものやグレーなどカラーがおすすめである場合もあれば、女性ならパンツやスカートで面接官の印象が変わる場合もあります。

業界によってどのスーツがおすすめなのかをまとめてみました。希望する業界によってスーツを着こなして面接官に好印象を与えましょう。

スーツの色には業界の向き・不向きがある

黒いスーツは真面目、清楚さ、清潔感がある印象を与えます。そのため、上司の命令は絶対というような上下関係の厳しい企業や、指示された仕事を確実にこなす社員が欲しいといった企業、公務員といったお堅い業界向けといえます。

しかしアパレルやファッション業界、ITなどのベンチャー企業、創作系の業界などは個人の個性やオリジナリティを大切にする傾向があるので、グレーやストライプのスーツのほうが、個性があると面接官に好印象を与えることもあります。

スーツと組み合わせるシャツの色も業界によって印象が変わります。公務員や金融、保険、証券会社のような堅い業界の場合には無地の白いシャツがおすすめです。

そこまで堅い業界でないのであれば、締まった印象を作るために薄い色のストライプシャツもよいでしょう。しかしストライプの幅が広いもの、ドット柄や花柄、生地が薄くインナーが透けるシャツやカジュアルな印象のブラウスはどの業界の就活にも向いていません。

女性のスカートスーツが向いている業界

女性の場合、スカートの制服を採用している銀行や証券会社といった金融関係の企業や、事務職、女性が多い職場での営業職といった業界に就職を希望するときは、スカートスーツのほうが印象がよい傾向にあります。

女性のパンツスーツが向いている業界

女性のパンツスーツ姿は、活発さやしっかりしている、落ち着いているという印象があるので、鉄道や交通・建築・住宅業界といった活発に動く業界や人材派遣・広告業などの業界での就活をするときに面接官によい印象を与えます。

また女性ならではの美容業界やブライダル業界といった業種のように、黒いトップスや黒のパンツスーツといった服装の指定があるような業界でも、パンツスーツは面接官によい印象を与える傾向が強いです。

4.業界に合ったスーツを着こなし就活を成功させよう

リクルートスーツは黒を基本にグレーや濃紺が一般的で、女性の場合にはスカートスーツ・パンツスーツがあり、カラーや着こなしなどで希望する業界の採用担当者の印象が変わることがあります。

就活を成功させる第一歩として、どのようなスーツがどの業界に受けがよいのかを把握し、適切なスーツやシャツを着こなして自分が納得できる就活を行っていきましょう。

TOP