就活スタートガイド

  • 就活スーツのボタンは2つボタンが最適!男女別の留め方の基本を解説

就活スーツのボタンは2つボタンが最適!男女別の留め方の基本を解説

「就活のスーツ、ボタンが何個付いているものを着るべきかな」
「面接のとき、スーツのボタンは上だけ留めたほうがいいの?」

就職活動ではスーツを着用しますが、そもそもいくつボタンが付いたものを購入すべきなのか、またそのスーツのボタンは「どこを留めて、どこを開けるべきか」とても悩みどころです。

そこで、この記事では就活スーツはいくつのボタンがついたものを選ぶべきか、また就活スーツのボタンの留め方で変わる着こなしルールを男女別に解説します。

就活用スーツには何個ボタンがついたものを購入・着用するべき?

ボタンスーツを着こなす男性
就活用スーツによってボタンの数は様々ありますが、結論、男性も女性も2つボタンのものを着るのが無難です。

社会人も含めるとスーツの種類として男性は、以下の3種類があります。

  • 2つボタン
  • 3つボタン
  • 段返り(3つボタン)

女性は以下の3種類があります。

  • 1つボタン
  • 2つボタン
  • 3つボタン

しかし2つボタン以外の種類のスーツは社会人は普通に着用しますが、就活生が着るには男女ともにかなりマイナーな種類でしょう。

時々3つボタンのスーツも就活スーツとして存在しますが、今から就活スーツを買う人はわざわざ3つボタンのものを買わなくてもいいでしょう。

3つボタンの就活スーツを購入しようと考えている人は、以下の欠点2つに注意してから購入を検討しましょう。

  • 太っている人などをはじめ、体型によっては着こなすことが難しい
  • 公務員や金融業界など堅い業界の選考以外で着ていくと堅すぎる印象で浮いてしまう可能性がある
  • 基本的には、就活では男性、女性ともに、基本的には2つボタンのスーツを購入・着用するのが無難です。

    【男女別】就活スーツ着こなしルールを解説!

    ここでは就活スーツ(2つボタン)の正しい着こなしを男女別に解説します。

    【男性】就活スーツ(2つボタン)の留め方

    2つボタンのスーツを着た男性

    留め方 イメージ
    一番下のボタン一つだけ開ける 窮屈になりすぎずすっきりとした印象

    2つボタンは男性のスーツの中で最も主流のもので、まず間違いないです。
    業界を問わず受け入れられるスタイルですので、スーツ選びに迷った際は2つボタンのものを選ぶことをオススメします。

    【女性】就活スーツ(2つボタン)の留め方

    2つボタンのスーツを着た女性

    留め方 イメージ
    全て留める 誠実できちんとした印象

    女性の就活スーツ(2つボタン)は、カジュアルなイメージにならず、清潔感もありどの業界でも間違いのないデザインです。

    しかし女性の場合は、ボタンを1つでも開けていてはスーツの持つ誠実な印象が崩れてしまうので、ボタン2つは必ずつけるようにしましょう。

    就活生と社会人のスーツのボタンの留め方どっちが正しい?

    スーツ姿で腕を組んでいる男性
    電車や街中などではスーツのボタンは「開けている」方を多く見かけますが、就活生はスーツのボタンを留めています。どちらの着こなしが正しいのでしょうか?

    結論から言うと「きちんとボタンを留める」のが正解です。

    就活生はきちんとボタンを留めるが「正解」

    本来の社会人としてのビジネスマナーは

    立っている際にはボタンを「留める
    椅子に座る際にはボタンを「開ける

    ですが、就活生の場合には社会人とは違い、面接などの場面では

    スーツのボタンは常に留める

    ことが就活生としてのマナーであり、好印象を与えるための心得なのです。

    就活生にとって大事なのはシワができないようにすることなどではなく、相手にネガティブな印象を与えないかが重要ですので、

    男性→基本的には一番下のボタンを外し他のボタンを留める
    女性→すべてのボタンを留める

    こちらを心がけましょう。

    ボタン以外にもスーツ全体の着こなしに気を使えると、さらに好印象な着こなしを実現できるでしょう。

    ボタン以外にも確認したい!スーツの着こなしルール

    ポイントを伝える男性
    スーツの着こなしはボタンの留め方だけでなく、ネクタイやポケットや靴などの着こなしも気を付ける必要があります。

    以下のチェック項目を使って、自分はスーツをきちんと着こなせているかどうか確認しましょう。

    • ネクタイの長さ=ベルトの長さの1/2である(男性限定)
    • フラップ(ポケットのふた)は室内にいる際にはポケット内にしまっている
    • シャツは第一ボタンまでしっかりボタンを留めている
    • 靴下の色は紺・黒どちらかに統一している(男性限定)
    • 靴は黒のものを着用している
    • シャツやスーツのサイズは自分の体の大きさにあっている
    • スーツには汚れがついていない
    • 襟が変な方向に折り曲がっていたりしない

    スーツボタンの留め方に加えて、これらのチェック項目ですべてチェックがつくように着こなしすれば、採用担当者からも好印象なスーツの着こなしにすることができます。

    ぜひチェックしてスーツを着こなすようにしましょう。

    【まとめ】正しい着こなしで好印象を与えよう!

    それでは最後にこの記事をおさらいしていきましょう。

    • 就活用スーツは男性・女性ともに2つボタンのものが無難
    • 男性は一番下のボタンを開けてほかのボタンは基本的には留める
    • 女性はボタンは全て留めておく
    • 就活生は社会人と違い、面接時にはボタンは留めるのが無難
    • スーツボタンの留め方以外にも着こなしチェック項目で完璧になるようにネクタイ、靴下、シャツ、靴の着こなしも気を付けるべき

    就活における身だしなみは、自分を好印象にさせる重要なポイントの一つです。面接官からの印象をダウンさせるのではなく、きちんとしたスーツスタイルで気分も印象も上げてより良い就活をしましょう!

    またボタンだけでなく、どのような色や柄のスーツを選ぶか、何着必要なのかなど気になることは多いです。そのような際には是非こちらの記事も参考にしてみてください。
    就活用スーツのベストアンサーは無地の濃紺!スーツの色や柄を簡単解説
    「就活スーツは1着でOK」は誤解!正解は何着&理由を教えます!
    就活スーツはどこで買う?人気ブランドと業種別でおすすめスーツを紹介

    TOP