就活スタートガイド

  • 就活用スーツのベストアンサーは無地の濃紺!スーツの色や柄を簡単解説

就活用スーツのベストアンサーは無地の濃紺!スーツの色や柄を簡単解説

「自分が着ているスーツに自信がない・・・」
「みんなが着ているスーツと自分のスーツが違って不安・・・」
「そもそもスーツなんか普段着ないから何を着ていいのかわからない・・・」
これから就活を始める人や就活を始めてすぐの人なら誰しもこのような悩みを抱えます。

これらの悩みは男性だけでなく女性も同様に抱えるものとなります。

余計な不安や焦りを感じ本来の自分が出せなくなってしまうのはあまりに勿体ないことです。

この記事ではそんな方のために就活で着るべきスーツの「」と「」について、また業界別に適したスーツと着用時の注意点などについて男女共通の観点から簡単に解説をしていきます。

男性だけでなく、女性の方にとっても参考となるものとなっておりますので、是非お読みください。

就活生が着るべきスーツとは?

就活生が着るべきスーツとしてのベストアンサーは

ネイビー(濃紺)の無地スーツ

です!それではなぜそもそも就活生はスーツを着用するのでしょうか?

なぜそもそも就活においてスーツは必須?

スーツは働く大人の戦闘服と言っても過言では無いように、ビジネスの場などフォーマルな場面ではほとんどの人が着用しています。

人によってイメージはそれぞれですがスーツをきちんと着こなすことのできている社会人は特にかっこよく感じているのではないでしょうか?

実は就活においても同じことが言えます。

つまりスーツを正しく着こなすことのできている人の印象は周りの人に比べても良い印象が残りやすいのです。

でも、スーツといっても様々な色と種類がありどれを着たら正解なのか悩みますよね。

そこでここではまず就活生が着るべきスーツの「」について簡単に解説をしていきます。

スーツの色とその色がもつ印象とは

色にはそれぞれ意味合いがあります。

また、

その色自体が面接官などを含む他者に対して与える印象も当然ながら変わってきます。

それでは各色がどのようなもので、相手に対してどのような印象を与えるのか解説していきます。

ブラック系

近年では黒色のスーツを着る方が増えてきました。

ひと昔で言うと、ブラック(黒)のスーツは礼服や冠婚葬祭用のものとして親しまれておりました。

海外でも同様で、日本よりもかなり厳しくビジネスの場でのブラックスーツはNGとなっております。

近年、様々なファッションブランドがブラックのスタイリッシュなスーツを出しはじめ、それが日本にも流れてきて知らぬうちに広まっていったとされております。

最近ではブラックのスーツを許容している企業も多くありますが、元はビジネスの場で良いとされてきた色ではありません。

ですが、

現代ではリクルートスーツとして利用して問題は特にありませんのでご安心ください。

ネイビー系

ネイビーつまりは濃紺でありますが、小洒落たように見えて実はネイビーが最もビジネス向きでありスーツの色として間違いのない色となっております。

もちろん就活の場においてあまりに明るすぎたり、青に近いネイビーとなるとあまり良い印象を与えませんが、ネイビーであればどの業界どの企業であっても悪い印象を与えると言うことはございません。

黒と違いスーツの色として日本でも海外でも最も主流な色ですので絶対的な安心感があります。

就活用スーツとしてもネイビーであれば不安に思うことも、周囲との違いも気にする事はないので安心して着用頂けます。

グレー系

グレー系のスーツは就活生が着るには少々難しい色です。

社会人でもグレー系のスーツをきちんと着こなせている人は多くありません。

理由としては明るい系統から暗い系統までとても幅広い色があり、色次第ではかなりカジュアルな印象を持たせるため、ネイビーなどに比べ合わせるシャツの色やネクタイの色・柄に気を遣う必要が出てきます。

就活の場においてもやはりカジュアルな印象やおしゃれな印象が強く、いわゆる硬いと言われている業界の企業では好まれていないこともあります

もちろん着用してあまりにおかしいと言うような事はありませんが、TPPO(Time Place People Occasion)に気をつけた着用をおすすめします。

就活生は「濃紺」を持っていれば問題なし!

就活生が着るスーツの色として間違いのなく安心できる色は
ネイビースーツ

ネイビー(濃紺)

です。

イメージの問題ですが、ネイビーは少しオシャレであったり着るのに難しい印象があるかもしれませんが、実はブラック系のスーツを着る方がよほど難しいということを理解しておくと安心したスーツ選びができることでしょう。

本当か気になった方は是非、電車などで確かめてみてください。

スーツをきちんと着こなしかっこよく着ている人の多くはネイビーだとわかるはずです。

就活用スーツに適した「柄」を簡単解説

ここまでスーツの色について解説をしてきましたが、ここでは色と同様に大切な「」について解説をしていきます。

まず、ここまでをお読みいただければ間違いのないスーツ選びができることでしょう。

そもそもスーツにはどのような「柄」があるの?

スーツは無地のイメージが強いですし、就活生の多くは「無地」のスーツを着ています。

スーツには様々な柄のものがあり、色と同様でその柄が与えるイメージも違ってきています。

スーツにおいての主な柄は以下の4種類です。

  • 無地
  • 織り柄
  • ストライプ
  • チェック

これら4種類が大きく分けてありますが、実は就活の場においてこの4種類全てが良いという訳ではないのです。

それではどの柄であれば就活の場によいのでしょうか?

ここからはそれぞれの柄の簡単な説明と就活向きか否かを簡単に解説します。

無地

無地のスーツは就活生であることなどに関係なくまずは1着必ず持っていたい柄のスーツです。

ビジネスなどフォーマルな場においても、パーティーなどのカジュアルな場においてでも大活躍をしてくれますし、業界や企業などを選ぶことなく着用できる最も使い勝手の良い柄です。

就活においてはまずこの「無地」のスーツを1着購入しておくと、安心して就活を行うことができるでしょう。

一点注意すべきとしては、無地であってもあまり光沢の強い素材のものは選ばない方が、悪目立ちせず良い印象を与えることができるでしょう。

織り柄

遠くから見ると無地に見えますが、近づいて見るとうっすらさりげなく柄が入っているものを「織り柄」と言います。

入っている柄としては

  • シャドーストライプ(薄く細いストライプであり、色も同系色)
  • シャドーチェック(薄く同系色のチェック)
  • ヘリンボーン(同系色の薄い縞模様)

これら3種類が主な柄です。

これら3種類の織り柄は就活の場面にてNGとされているものはなく、就活用スーツにおいての暗黙の了解を守りつつも、個性を示すのに良いデザインと言えるでしょう。

シャドーチェックは他の三つに比べオシャレな印象が強く、少し派手めに見える部分もあるので、着る際には業界と企業を選ぶ必要がありそうです。

ストライプ

ストライプはベースのカラーに対して線を引いたようなイメージのデザインです。

ストライプと言っても実はその中に種類があります。

  • ピンストライプ(細いストライプ)
  • ペンシルストライプ(ピンストライプより太いストライプ)
  • チョークストライプ(ペンシルストライプよりも太いストライプ)

ストライプには主にこの3種類がありますが、就活の場面ではどれも避けることが望ましいとされています。

無地や織り柄と比べるとオシャレで少し気取ったイメージとなり、就活時に良い意味で目立つことはあまりないと言えるでしょう。

チェック

先にあげた4種類の中で最もカジュアル向きのデザインであり、TPPOをかなり選ぶものと言えます。

このチェックの中にも種類があります。

ウィンドウペン(格子柄)
グレンチェック(小さな格子と大きな格子を組み合わせたもの)

この2種類がおもとなっており、どちらもカジュアルなシーンに向いたデザインであり、就活シーンでは避けた方が無難であるといえます。

これで間違いなし!就活用スーツのベストアンサー

ここまで就活用スーツにおいて気になる「」と「」についてまとめてきました。

まとめとして、就活の際着るべきスーツのベストアンサーは
就活生のスーツ

ネイビー(濃紺)の無地スーツ

であり、この1着があればどの業界のどこの企業であってもまず問題はございません。

このようなオーソドックスな色とデザインではなく、ある意味での個性が良い印象を与える可能性業界があります。

個性あるスタイルが良い印象を与える可能性がある企業を簡単に解説します。

オシャレな業界では個性のあるデザインでも大丈夫?

人とは違った個性のあるスーツスタイルが良い印象を与える可能性がある業界としては主に、

  • アパレル業界
  • デザイン関連業界

このような2つの業界があげられます。

この他にも「IT業界」「広告業界」なども一部個性的なものでも良い業界・企業があります。

ですが、その業界であればどこの企業も同様に問題ないと言うのではなく、あくまでTPPOを考え、その企業がどのような企業であり社風であるかなどをきちんと見定めた上で選ぶべきであるといえます。

リスクを取らないのであれば先にあげた、ネイビーの無地スーツが間違いないでしょう。

服装自由の場合はどうするべき?

就活においていくつかの企業では服装指定なしや、服装自由といった場合がありますがその際にはどうするべきでしょうか?

答えは簡単で、

スーツで行けば間違いなしです。

服装自由である際に実際に私服で行って、会場で全員がスーツであったらどうしますか?
「しまった・・・」
と考えるはずです。そうなるのであればスーツと言う就活シーンにてまず間違いのない服装で行けば一安心と言うことです。

オフィスカジュアルな服装が可能な場合にはそのような格好でももちろん良いですね。

スーツを着る際注意すべき点を簡単解説

ここまででスーツに関する知識はある程度ご理解頂けたかと思います。

ですが、スーツは正しい着方をして初めて理想的な状態となるのです。

つまり、どれだけ正しい選び方で良いスーツを購入したとしても、きちんと着ることができなければ意味がないということです。

それでは就活生が実際気をつけるべき点はどのようなことがあるのでしょうか?

就活スーツはどこで買う?人気ブランドと業種別でおすすめスーツを紹介

自分の体にあったサイズを選ぶ

まずは自分の体にあったサイズのスーツを選ぶことが重要です。

実は色や柄よりも重要なことで、その人にあったサイズのスーツを着ていないとキツそうであったりダボっとした感じ見えたりするので、身だしなみとして良くなく、印象としても最悪です。

きちんとサイズを測り、必要であれば直してもらうことも大切です。

スーツ以外の部分にもきちんと気を配る

自分にあったサイズできちんとしたスーツが買えたところで終わりではありません。

スーツを着る際に靴はスニーカーで良いのでしょうか?

スーツを着る際にはきちんとした「革靴」を履く必要があり、靴以外にもカバンなどを気にかけ完璧なスタイルを目指しましょう。

《就活用の靴の関連記事》
身だしなみは足元から!女性が就活中に履くべき靴はどんなもの?
男性用就活靴はどれがいい?選び方のポイントを解説!

手入れをきちんとする

どれだけ良いスーツを着ていても、シワがあったり汚れがあったりしては台無しです。

良いスーツを良い状態で着るためにクリーニングやきちんとした手入れをすることをおすすめします。

一番下のボタンまで止めない

以外と知られていない部分ではありますが、スーツは一番下のボタンまで止めては行けないというマナーがあります。

確かに一番下まで止めているとキツそうで見た目に悪いですよね。
就活スーツのボタンの留め方は?好印象になれるボタンマナーを紹介

就活生が着るべきスーツのまとめ

ここまで就活生の理想のスーツ選びについて簡単にまとめてきました。

ここで皆様に再度ご理解頂くため、要点をまとめます。

  • スーツの色は「ブラック」または「ネイビー」
  • スーツの柄は「無地」または「織り柄」
  • スーツ選びにおいてTPPOは欠かさずきちんと意識をする
  • きちんとしたスーツ姿には着方が大切

これらのことにきちんと気を配ったスーツであれば、就活時に浮いてしまうことや間違った服装となることはないといえます。

また、よりかっこいい就活生となり良い印象を残すためにも着方のマナーや身だしなみにはスーツ以上に気をつけることをおすすめします。

間違いのないスーツ選びでより良いスーツ姿を目指しましょう。

《就活用スーツの関連記事》
就活スーツが安いブランドはどこ?おすすめの店4つを予算ごとに紹介
「就活スーツは1着でOK」は誤解!正解は何着&理由を教えます!
就活の夏を快適に!女性のスーツの着こなしポイントと服装マナーを紹介

TOP