就活スタートガイド

  • 【まつ毛のお悩み別】就活メイクでの賢いマスカラの選び方&塗り方

【まつ毛のお悩み別】就活メイクでの賢いマスカラの選び方&塗り方

「就活ではナチュラルメイクが良いって聞くけど、マスカラは必要?」
「結局のところ就活でマスカラはどう使うのが正解なの?」

女性の就活にメイクはつきもの。中でも、特に印象を左右する目元のメイクに悩む人は多いでしょう。マスカラメイクもその一つです。

とはいっても、短い細い量が少ない…などまつ毛のお悩みは人によって違います。

今回は、就活で好印象を与えることのできるマスカラの選び方や塗り方をまつ毛のお悩み別に解説していきます。

【お悩み1】そもそも就活メイクにマスカラって必要?

就活 女性 マスカラ
すっぴんの状態で、つけまつ毛を付けていると勘違いされるほどのボリュームでない限り就活メイクではマスカラを使用した方が好印象となるでしょう。

就活の基本はナチュラルメイクですが、ただメイクを薄くすればいいというものではありません。マスカラを正しく使って目元にメリハリをつけましょう。

【お悩み2】まつ毛が短い

こんな人へのアドバイス
「マスカラが塗りにくくて朝のメイクに時間がかかる…」
「なんだか目が小さく見える…」

上記に当てはまる人は、まつ毛が短いことでお悩みではないでしょうか?

ロングタイプのマスカラがオススメ

まつ毛が短いことで悩んでいる人にオススメなのが、ロングタイプのマスカラです。

ロングタイプはひと塗りでまつ毛を長く見せる効果があるので、1,2度塗るだけで充分目力のある目元になります。

逆にNGなのがボリュームタイプのマスカラです。就活の際に使用すると派手すぎる印象を与えてしまいます。

≪塗り方のポイント≫上まつ毛の中心を少し厚めに

上まつ毛の中心(黒目の上)のまつ毛に意識的にマスカラを付けるのがポイント。黒目を大きく見せることができます。

就活メイクでは基本的にマスカラの重ね塗りはNGですが、この場合は2,3度重ね塗りをしても良いでしょう。

マスカラメイクで黒目を自然に大きく見せることで、面接官に好印象を与えることができます。

【お悩み3】まつ毛が細い

こんな人へのアドバイス
「せっかくビューラーで上げたまつ毛がすぐ落ちてくる…」
「目を擦るとまつ毛がしょっちゅう抜ける…」

上記に当てはまる人は、まつ毛が細いことでお悩みではないですか?

カールキープ力の高いマスカラがオススメ

まつ毛が細いことで悩んでいる人には、カールキープ力の高いマスカラがおすすめです。

ハリやコシに欠ける細いまつ毛をしっかりリフトアップして、なおかつキープしてくれるマスカラを選びましょう。

まつ毛のカールが維持されることで自然と目元が華やかになり、面接官に好印象を与えることができます。

美容液成分の入ったマスカラを使おう

細いまつ毛はどうしても傷みやすいため、頻繁にまつ毛が抜けてしまうことにつながります。

美容成分、特に毛髪補修成分の入ったマスカラを選びましょう。

【お悩み4】まつ毛の量が少ない

こんな人へのアドバイス
「なんだか目力がない…」
「まつ毛がまばらなせいでアイメイクが映えない…」

上記に当てはまる人は、まつ毛の量が少ないことでお悩みではないですか?

ボリュームタイプのマスカラがおすすめ

まつ毛の量が少ないことで悩んでいる人にオススメなのが、ボリュームタイプのマスカラです。

就活においてボリュームタイプのマスカラは避けられがちですが、まつ毛の量が少ない人が目力をアップさせるために必要なのはまつ毛の「本数」ではなく「太さ」です。

そのため、まつ毛の1本1本をより太くするボリュームタイプを使うべきでしょう。

≪塗り方のポイント≫根元から毛先まで軽めに

ボリュームタイプのマスカラをさっとひと塗りするだけでマスカラ液がまつ毛に染みわたり、まつ毛の一本一本の存在感を際立たせてくれます。

重ね塗りは絶対にやってはいけません。目元の主張が強くなりすぎて、面接官に不自然に派手な印象を与えてしまいます。

【お悩み5】就活の際はマツエクをやめるべき?

ここまでマスカラについて紹介してきましたが、普段から目元を華やかにするためにマツエクを付けている人もいるかと思います。

「マツエク=まつ毛を盛る」というイメージから、就活中に付けてはいけないと考える人もいるかもしれません。

本当に就活中にマツエクは付けてはいけないのでしょうか?実際に見ていきましょう。

就活でのマツエクはOK!ただし注意点あり

結論として就活中にマツエクを付けていても問題はありません。

ただし、いくつかチェックしておかなければいけないポイントはあります。

マツエクは目元を自然に仕上げることができます。そのため、企業の採用担当者や面接官に違和感を感じられたり、マツエクを理由にマイナスポイントになる可能性は低いです。

では、注意が必要なポイントを実際にチェックしていきましょう。

就活でマツエクを付ける際の4つの注意点

就活中にマツエクを付ける上で最も大切なのは「いかに自然に仕上げるか」です。

目元を自然に見せるために適切なマツエクの太さや本数などを、順に見ていきましょう。

①太さは0.1~0.15㎜

目元を自然に見せる必要のある就活では、0.1~0.15㎜ぐらいの太さが適切です。

0.1~0.12㎜が自まつ毛に近い太さ、0.15㎜がマスカラを1,2度塗った太さです。

②本数は60~80本

就活の際には本数を60本~80本にすると目元が自然に引き立ちます。

普段は100~120本、あるいはそれ以上付けている人も就活中はこれくらいの本数に抑えましょう。

③長さは9~11㎜

日本人女性の平均的なまつ毛の長さは6.8㎜と言われています。

派手すぎる印象を与えないためにも、就活でのマツエクの長さは9~11㎜程度に留めましょう。

④カールの強さはJカール

マツエクの仕上がりはカールの強さによっても異なります。

カールの強い順にDカール>Cカール>Jカールとなっていますが、就活の際には最も自然なJカールがおすすめです。

就活のためにわざわざマツエクを付ける必要はない

ここまでご紹介してきたマツエクですが、サロンへ行く手間や費用が多くかかります。

マツエクを普段から付けていて、外すのが面倒という人以外は、就活メイクではマスカラを使用すべきでしょう。

メイクに迷ったらプロに相談しよう

スタジオでのフルメイク
ここまで就活でのマスカラなどの使い方について紹介してきましたが、やはり顔立ちによって似合うメイクは一人一人微妙に違います。

明確な答えが見つからないため、自分1人でメイクをしているとこれで大丈夫なのかと不安を感じることもあるでしょう。

そのような時は、就活メイクの専門知識を持ったプロの力を借りるのも1つの方法です。

自分の就活メイクの「正解」をプロに示してもらうことで自信が生まれます。

その自信はそのまま就活の成功につながるでしょう。

【まとめ】就活メイクのまつ毛のお悩みはマスカラで解決できる

いかがでしたか?今回の記事を簡単に振り返ってみましょう。

  • まつ毛が短いことでお悩みの人にはロングタイプのマスカラがオススメ
  • まつ毛が細いことでお悩みの人にはカールキープ力のあるマスカラがオススメ
  • まつ毛の量が少ないことでお悩みの人にはボリュームタイプのマスカラがオススメ
  • マツエクは就活中使用してもOKだが、普段のボリュームではNG
  • 迷ったらプロの力を頼ろう

マスカラメイクでまつ毛のお悩みを解消して、自信を持って就活に臨みましょう。

TOP