就活スタートガイド

  • 就活中の眉毛メイクはどうする?好印象な色や形、描き方のコツを解説

就活中の眉毛メイクはどうする?好印象な色や形、描き方のコツを解説

「就活ではどんな眉毛にするべきなんだろう…?色や形は??」
「面接官に好印象を持ってもらいたい」

顔のパーツの中で、特に眉毛は形や色によって顔の印象を大きく変えることができるため、安易に手を抜けない部位です。

そのため、第一印象が重要となってくる就活の際には、きちんと整える必要があります
ここでは就活においてどんな眉毛が好印象なのかを紹介した後に、眉毛メイクに必要な道具や手順を丁寧に説明していきます。

就活で好印象な眉毛の3つのポイント

まずは、どのような眉毛が就活で好印象なのか説明していきます。

眉毛の濃さや形には個人差があるため、一概には言えませんが、このような眉毛が就活では最適です。
就活で好印象な眉毛
好印象な眉毛をつくるための3つのポイントについて詳しく述べていきます。

【ポイント1】色はダークブラウンでナチュラルに

眉毛は髪の色と瞳の色の中間色であるダークブラウンにすると、自然な眉に仕上がり印象が良くなります。

「髪色に合わせて、眉色もブラックにする必要はないの?」と思う方がいるかもしれませんが、ブラックにすると眉毛だけが悪目立ちしてしまい、印象が悪くなることがあるので、髪色よりワントーン明るくしましょう。

また、濃すぎる眉毛や眉マスカラだけで仕上げた結果、眉だけ浮き出てしまっているような眉毛もNGです。

【ポイント2】形は緩やかなアーチ型

不自然にならない程度に、自眉に沿って眉頭から眉山に向かって緩やかな角度をつけ、眉山をつくり、眉尻は少し下げることをおすすめします。

軽く丸みを帯びた眉毛にすることで知性あふれる表情に仕上げることができます。

逆に、流行りの直線眉や下がり眉は頼りなく弱々しい印象を与え、角度をつけすぎた眉だと怖い印象になってしまうので避けましょう。

【ポイント3】縦幅はやや太め

太眉にすることで、凛とした大人っぽい印象にすることができます。

具体的には、目の縦の幅の半分~2/3程度にすると良いといわれています。自分の目の大きさとのバランスを考えてみましょう。

細すぎる眉毛だときつい印象になってしまうので、普段細めに描いている方は特に太く描くことを意識してください。

では、そのような眉毛を上手に描くためにはどうしたらよいのでしょうか?

就活用眉毛メイクに必要な道具と手順を徹底解説

眉毛メイクに必要な道具
それでは、用意するべき基本の道具と手順を説明していきます。

眉毛メイクに必要な道具

  • アイブロウペンシル(ダークブラウン)
  • アイブロウパウダー(ブラウン系)
  • コーム
  • 眉用ハサミ
  • ブラシ

アイブロウを描くためのアイテムには、「リキッドタイプ」と「ペンシルタイプ」の商品がありますが、ペンシルタイプのほうが、しっかり描けるだけでなくぼかしやすいので便利です。

また「就活中は何かとお金がかかるから、コスパの良いものが欲しい」と考えている方には、こちらの眉メイクコスメをおすすめします。

プチプラで購入できるおすすめのアイブロウペンシルとアイブロウパウダー
【アイブロウペンシル】

  • セザンヌ 「超細芯アイブロウ」500円

特徴:眉毛を一本一本描けて自然な仕上がりにできる、汗に強い

【アイブロウパウダー】

  • ケイト「デザイニングアイブロウ3D/EX-4」1,180円

特徴:ふんわり自然な立体感のある眉を描ける、長期間ユーザーから圧倒的人気を得ている

眉毛メイクの手順

それでは、眉毛メイクの手順を詳しく説明していきます。

1.コームとハサミで長い眉毛をカットする

コームで眉毛をとかす様子
まずはコームで眉毛を斜め下に向かってとかしながら、はみ出た部分だけをハサミでカットします。

ただし、カットのし過ぎには注意しましょう。特に眉頭はあまり切らずに自然に生やしたままのほうが、程よく立体感がありナチュラルに仕上がります。

2.ペンシルで眉毛を「眉山→眉尻、眉山→眉頭」の順番に描いていく

眉毛を描く様子
次に、力を入れすぎて濃くならないよう気を付けながら、眉山から眉尻に向かって、次に眉山から眉頭に向かって眉毛を描きます。

眉頭から描かない理由は、眉頭が濃すぎて不自然な眉が完成してしまわないようにするためです。

また形や位置を調整するにあたって、バランスの良い眉毛を描くためのコツが4つあります。

  • 眉頭が小鼻の延長線上にくるようにする
  • 眉山を黒目の外側から目尻の間に作る
  • 眉尻が目尻と小鼻の延長線にくるようにする
  • 眉頭と眉尻が同じ高さになるようにする

このように眉頭、眉尻、眉山を意識することで、初心者でも上手に描くことができます。

3.パウダーを眉の形をなぞるようにのせる

アイブロウパウダーをのせる様子
次はブラウン系のアイブロウパウダーを以下の順序に沿って眉にのせていきましょう。

1.パレットを1~2回こするようにしてパウダーをとる
2.眉の真ん中から徐々に外へ眉の形をなぞるようにパウダーをのせていく
3.新しいパウダーをつけずに、そのままの状態のブラシで眉頭にパウダーをのせる

4.ブラシで不自然な部分を軽くぼかす

眉毛をブラシでぼかす女性
最後に、濃くなりすぎて不自然に見える部分を無くすために眉をブラシでぼかしていきましょう。

そうすることでアイブロウペンシルで描いた部分を、自眉になじませることができます。

5.完成

完成形の眉毛
これで採用担当者に好印象なイメージを与えられる眉の完成です
ここまで、就活における眉毛のメイクのやり方をご紹介しました。

企業のインターンシップや面接といった採用担当者に直接会う機会に、好印象なメイクをして挑むのはもちろん重要ですが、一番大切なのは「就活写真を撮影する時」です。

なぜなら履歴書に貼る写真というのは採用担当者側にとってあなたの第一印象になりうるため、失敗できないからです。

写真から受けた印象は、良くも悪くも選考に影響を与える可能性があるのです。

そのため、就活写真を用意する際に「そんなに重要なら、自分で眉毛を描くのは不安だな…」と感じる方には、就活証明写真スタジオを利用してみることをおすすめします。

就活写真を用意する際の眉毛メイクの不安はこれで解決!

指差しする女性
自分で就活用眉毛メイクをするのに自信がない方に、就活証明写真スタジオの利用をおすすめする理由は、プロに眉毛メイクをしてもらうことで、必ず好印象な眉毛で撮影に挑めるからです。

基本的にスタジオには、就活用のメイクのポイントを知りつくした就活メイクのプロがいます。

そして、プロのスタッフたちが学生それぞれの好みや希望を受け入れつつ、知的かつ意欲のある人だと思ってもらえるようなメイクを施してくれます。

しかし、そのようなメイクプランを用意している就活証明写真スタジオは無数にあります。一体どこのスタジオを利用するのがベストなのでしょうか?

この記事では、就活用眉毛メイクに悩みを抱えている方にぴったりのスタジオ「スタジオファン」を紹介していきます。

就活証明写真スタジオ「スタジオファン」を利用する2つのメリット

就活証明写真スタジオでのメイクの様子
スタジオファンは、証明写真館の口コミ評価3部門で、1位を獲得した実績のある就活証明写真スタジオです。
参考:スタジオファン公式サイト

ここのスタジオを利用するメリットは大きく分けて2つあります。

【メリット1】就活メイクのプロからアドバイスを受けられる

このスタジオでは、就活メイクのプロに眉毛メイクを任せられるのはもちろんですが、悩みや希望を気軽に相談することができます。

例えば「眉毛が濃くて悩んでいます」「自然な眉毛を描くコツは何ですか?」「希望の業界や職種の雰囲気に合わせてほしい」といった思いや疑問を伝えると、丁寧に応えてくれます。

このように、プロに直接アドバイスを受けながら自分に合った眉毛メイクをしてもらえるため、次回から自分でメイクをする際の参考にすることもできます。

【メリット2】料金体系がシンプルで分かりやすい

多くの就活証明写真スタジオでは、メイクサービスをつけたり、WEBデータを取得したり、肌に補正をかけたりすると何かと追加料金がつきものです。

例えば資生堂の証明写真プランでは、Webデータまでお願いすると追加で¥5,000(税抜)かかります。
参考:資生堂の就活用証明写真ってどうなの?プランや予約方法を徹底解説

一方で、スタジオファンの料金体系はとてもシンプルなため安心です。

STUDIOFUNの撮影プラン(税抜価格)
プラン 価格
女性 男性
フルメイク付
リクルートプラン
¥13,000 ¥12,000
ヘアセット付
エコノミープラン
¥9,200
マスコミ・エアラインプラン ¥28,500

全てのプランに「ヘアセット」・「リクルートスーツの無料レンタル」・「WEBデータ1年保証」・「焼き増し無料」・「写真補正」が付いているため余計な追加料金を心配する必要はありません。

女性の場合、リクルートプランを選択すれば追加料金を払わずに十分なメイクサービスを受けることができます。

より詳しい情報を知りたい方は、ぜひ一度スタジオファンの公式サイトを見てみてはいかがでしょうか?
公式サイトを見てみる

【まとめ】就活用眉毛メイクのコツを知って好印象な就活生になろう

最後に、この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 就活で好印象なのはダークブラウンで太めのアーチ型眉
  • 就活生の眉毛メイクで準備すべきものはアイブロウペンシル(ダークブラウン)、アイブロウパウダー(ブラウン系)、コーム、眉用ハサミ、ブラシ
  • 就活用眉毛メイクの手順は以下の通り
  • 1.コームとハサミで長い眉毛をカットする
    2.ペンシルで眉毛を「眉山→眉尻、眉山→眉頭」の順番に描いていく
    3.パウダーを眉の形をなぞるようにのせる
    4.ブラシで不自然な部分を軽くぼかす
    5.完成

  • 眉毛のセルフメイクに不安がある方は、就活証明写真スタジオでメイクのプロに任せれば、失敗の心配は必要ない
  • なかでも、眉毛に関する悩みや希望を気軽に相談することができる上に料金体系がシンプルな「スタジオファン」がおすすめ

眉毛は顔の雰囲気を一気に変えることができるので、ナチュラルメイクを意識しつつ知的で熱意のある印象を与えるようなメイクを施すことが大切です。

この記事で紹介した就活用眉毛メイクの方法を習得して、万全の準備をして就活に挑みましょう。

もし、証明写真を撮る際に自分でメイクを行うことに不安を感じるのであれば、信頼できるプロにお任せしてしまえば失敗することがないので安心です。

そのような方は、ぜひスタジオファンを利用してみてはいかがでしょうか。
公式サイトを見てみる

他にも就活メイクに関連する記事を紹介していますので、参考にしてみてください。

《就活メイクの関連記事》
アイシャドウで印象を変える!就活時の効果的な色やメイクのポイント
就活メイクのおすすめリップカラーを紹介!ひと工夫で好印象ゲット
就活におけるマスカラの使用可否&就活向きのメイク方法

TOP