就活スタートガイド

  • 【就活生必見】必要な証明写真の枚数は?理由とともに徹底解説

【就活生必見】必要な証明写真の枚数は?理由とともに徹底解説

「就活に必要な履歴書用写真の枚数は何枚?」
「できれば過不足のないように写真を用意したい」

就活を始めるとエントリーシートや履歴書に証明写真を貼り付けることが多くなるため、証明写真を用意しなければなりません。

しかし、就活の際に証明写真の枚数はどれほど用意すればよいか悩む方は多いです。

この記事では、就活に必要な履歴書用の証明写真の枚数についてや、写真のサイズや費用など証明写真を用意するうえでの注意点について解説します。

また、おすすめの写真スタジオも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

就活用に準備するべき証明写真の枚数は?

スーツを着た男性とクエスチョンマーク
就活生の中には一社に決めて就活を進める方から、何十社も応募する方もいるので一概にこの枚数とは言い切れません。

一般的に就活のために用意しておくと安心な写真の枚数は20~30枚といわれています。

以下ではその3つ理由を説明していきます。

【理由1】学生が応募する企業数の平均

ひとりあたりのエントリー済社数の平均は26.2社で、4月以降にエントリーする予定社数の平均は5.6社という調査結果が出ています。

人によって違いはありますが、平均的には30社ほどの企業に応募する人が多いということが分かります。

参照:2019年卒生の「4月1日時点の就職活動調査」(株式会社ディスコ)

【理由2】一社につき2枚必要な場合がある

1社につきエントリーシートと履歴書用で2枚必要な場合があるので、単純計算で30社の2倍の60枚は用意しておく必要があるということになります。

しかし、実際に60枚用意する人は少ないです。

なぜなら次のような理由があるからです。

【理由3】Web提出もある

最近は、エントリーシートをWeb提出できる企業が多くなってきています。

この場合は、証明写真はデータでアップロードすることになるので、現像した写真は不要です。

つまり一つのデータで何十枚も用意することが可能です。

Web提出の割合は一概にはいえませんが、IT関連の企業ならほとんどがWeb提出といわれています。

そのため、3割~5割の企業がWeb提出だと考えると20~30枚用意することをおすすめします。

就活の証明写真のサイズには要注意!

履歴書を郵送する場合もエントリーをWeb上で行う場合にも、写真を用意する際に最も気を付けるべきことが写真のサイズです。

では、履歴書の場合とweb提出の場合にはどれほどのサイズが良いのでしょうか?

履歴書の場合

一般的な写真サイズは縦4cm×横3cmですが、使用する履歴書によってサイズの指定に違いがあります。

例えばB5サイズの履歴書の場合、縦3.6cm×横2.4cmのサイズになっていることがあります。

そのため、応募する企業の履歴書の大きさをきちんと把握したうえで写真を購入しましょう。

写真のデータをもらうことができる場合は、自分でサイズを調節することができるのであまり心配はないといえます。

Web提出の場合

Web提出をする際には共通で「このサイズで」というものはありませんが、一般的な推奨サイズとしては縦560px(ピクセル)×横420px(ピクセル)です。

指定のサイズを事前に確認しておき、写真スタジオでは希望のピクセルを伝えると、そのサイズの画像データをもらえるお店が多いので便利です。

就活の履歴書写真のサイズに関してもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

就活履歴書の適正サイズは?就活生におすすめの大きさや選び方を紹介

就活用の写真はスピード写真と写真スタジオどちらが良い?

写真撮影の方法には大きく分けて、スピード写真と写真スタジオで撮影するパターンがありますが、どちらが良いのでしょうか?

ここでは2パターンの撮影方法での費用やそれぞれのメリット・デメリットについても説明していきます。

写真スタジオの場合

写真スタジオの風景
一般的には1枚500円~1,000円が主流だといわれています。

写真スタジオの場合、料金設定はかなりバラバラで、身だしなみチェックやWebデータ、写真加工のサービスが付いたプランを設けている場合が多いです。

    <メリット>

  • 表情や姿を美しく見せるための設備や機材が整っている
  • 身だしなみの確認を人の目によって行ってもらえる
  • 写真の焼き増しが簡単
  • ほぼ確実にデータをもらえる(追加料金には注意)
    <デメリット>

  • 料金が高い
  • スピード写真よりも時間がかかる
  • 予約が必要な場合があり、すぐに撮影できない写真スタジオもある

スピード写真の場合

スピード写真
駅構内や小売店の駐車場など、さまざまな場所に設置されているスピード証明写真BOXで撮る場合、6枚セットで約700~1,000円前後のものが多く、1枚120~170円で写真を購入できます。

    <メリット>

  • 安い費用で撮影ができる
  • 至る所にあるため、家の近くにある可能性が高い
  • 予約が不要
  • Webデータをコンビニ等で無料で取得できるスピード写真も出てきている
    <デメリット>

  • 身だしなみの乱れは自分で直さなければいけない
  • 限られた回数までしか撮り直しができない
  • 何十枚も証明写真が必要となる場合には、何度も撮影を行わなければならない

就活用の証明写真は写真スタジオがオススメ

上記のような比較から、就活用の証明写真は写真スタジオできちんと撮ることをオススメします。

緊急の際にはスピード写真でも良いですが、やはり良い印象の写真クオリティの高い写真を用意することが就活においては重要です。

スピード写真に比べ少々お金はかかりますが、良い印象を与えたいのであれば写真スタジオでの写真が良いと言えるのです。

以下の記事にてより詳しく解説しているので参考にしてみてください。

就活の証明写真はスピード写真でもOK?内定に効果的な方法を解説!

オススメの写真スタジオ

就活の証明写真なら「スタジオファン」がおすすめ

就活の履歴書写真を用意するなら、スタジオファンがおすすめです。

スタジオファンは高いクオリティの、写真24枚+焼き増し24枚無料に加え、就活フルメイクやヘアセット、写真修正、Web用データのサービスがついたプランがあります。

また1年間の焼き増し保証があり、サイズ違いの印刷も無料で対応しています。

このような手厚いサービスがあることに加え、このプランは公式サイトにあるクーポンを利用すれば3,000円引きになるので、かなりお得です。(2018年11月30日(金)まで)

スタジオファンを見てみる

まとめ|就活用に準備するべき履歴書写真の枚数は?

最後に、この記事のポイントをおさらいしましょう。ポイントは大きく分けて4つあります。

  • 一般的に就活のために用意しておくと安心な履歴書写真枚数は20~30枚
  • 就活の履歴書写真を用意するうえではサイズやクオリティに要注意
  • 就活用の証明写真は写真スタジオで用意することがオススメ

就活の証明写真を用意するときは、焼き増しが安く簡単にできる写真スタジオに行くことがおすすめです。

中でも今回紹介した写真スタジオ「スタジオファン」では、追加で写真を用意する可能性がある就活生にとってはかなり嬉しいプランを設けています。

良い就活にする為にも、写真スタジオできちんとした写真を用意しましょう。

《就活用写真の関連記事》
資生堂の就活用証明写真ってどうなの?プランや予約方法を徹底解説

オフィスファンを見てみる

TOP