就活スタートガイド

  • 就活写真はどんな髪型で撮る?履歴書で好印象を与えるヘアスタイル

就活写真はどんな髪型で撮る?履歴書で好印象を与えるヘアスタイル

「就活写真を撮る時にはどんな髪型にすればいい?」
「髪はどのくらいの長さにする?」

これから就活を始めようとする男性の中には、このような悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

実は、就活をする際の男性の髪型にはいくつかのポイントがあるのです。

この記事では、男性が就活の証明写真を撮る際の髪型や就活中の髪型やそのポイント、注意点について紹介いたします。

就活男子に求められる髪型の条件は3つ

面接絵を受ける学生
就活を始める前には多くの人が様々な髪型をしていると思います。そこから、どのような髪型にすればいいのか、下手に髪型を変えるのは嫌だなと思う方は多いのではないでしょうか?

就活をする際の男性の髪型は以下の3つの条件を満たすような髪型にしましょう。

  • 清潔感がある
  • 髪の長さを短くする
  • 髪色は地毛に近い色にする

【条件(1・2)】清潔感がある・髪の長さを短くする

面接を受ける男性
就活用の証明写真や面接などの時に、清潔感のある髪型であることは重要です。

なぜかというと、コミュニケーションをする時に与える印象には視覚情報が大きく影響するのです。これは、メラビアンの法則によるものです。

アルバート・メラビアンというアメリカの心理学者が1971年に彼の論文である「Silent messages」の中で研究結果を発表しました。それを法則化したものがメラビアンの法則です。

メラビアンの法則は以下のようなものです。

「コミュニケーションで相手に与える印象には、話の内容(言語情報)よりも表情(視覚情報)や口調(聴覚情報)の方が強く影響する。その割合は、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%である」
出典:リービズ The Lead Biz

つまり、人が面接のようにコミュニケーションをする時に相手に与える印象の半分は表情や服装、髪型などの視覚情報が影響するということです。

清潔感を伝えるためには、以下の3つのポイントを抑えた髪型にしておくと良いでしょう。

  1. 前髪は眉毛より上くらいにする
  2. サイドは耳くらいで、もみあげは耳たぶくらい
  3. 襟足は襟にかからない長さにする

そのため、髪は全体的に短い長さにしておきましょう。

長髪はダメではありませんが、だらしなく見えてしまう可能性があります。そのため、できるかぎり短くしておくと良いでしょう。

【条件(3)】髪色は地毛に近い色にする

爽やかな男性
髪色は、地毛に近い色にしておきましょう。

茶髪や金髪であると面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。好印象を与えるためにも就活を始めるまでに髪色を染めていた人は、地毛に近い色に染め直しておくと良いでしょう。

就活男子のOKな髪型・NGの髪型

○×を出す男性
ここまで、髪は短くしておいた方がいいことを紹介いたしました。
それでは、実際にどんな髪型がよく、どんな髪型がダメなのかを紹介いたします。

就活男子のOKな髪型

(1)短めの髪型・ベリーショート

短髪の男性
先ほどの条件にもあるように、短めの髪型は清潔感を与えるため、おすすめの髪型です。

ある人材会社の就活経験者に向けたアンケートでは、短髪やベリーショートを選ぶ人が多いという結果でした。その理由としては、「清潔感がある」「爽やかさがあり、好印象だから」といった意見が多くありました。

(2)七三分け

七三分けの男性
かっちりとした印象を与える七三分けもおすすめの髪型です。髪が長すぎなければ面接に行っても問題がありません。

先ほどのアンケートでも、「清潔感を与えられる」・「真面目そうに見えるから」という意見から選ぶ人が多い髪型でした。

(3)ツーブロック

ツーブロックは「就活でするのはNG!」という意見もありますが、先ほどの条件を満たしていれば問題はありません。

髪が長すぎたり、ワックスなどのスタイリング剤をたくさんつけて清潔感がなく見えてしまわないように、髪を短めにして、ワックスなどのスタイリング剤を適度に使うようにしましょう。

就活男子のNGの髪型

(1)ロン毛

就活時には、髪が長い、いわゆる“ロン毛”は控えるようにしましょう。

条件にもあるように、長髪は清潔感や爽やかさなどを与えづらいです。また長髪だと、目に髪がかかってしまったり、面接官から顔がはっきり見えないというデメリットがあります。

(2)茶髪・金髪などの色の入った髪型

茶髪や金髪などの色の入った髪色は、やめておきましょう。

採用担当者の中には「面接の時の髪色は黒である」という意見がそれなりに存在します。地毛が茶色である方もいらっしゃるので、「黒に近い色」とする方もいらっしゃると思います。

面接では初対面の方と会うことになりますので、マイナスの印象を与えないようにするために黒か黒に近い髪色にしておくと良いでしょう。

(3)長い前髪・もみあげ・襟足

先ほどの条件にあるように、長い、前髪やもみあげ・襟足は控えておきましょう。

清潔感や爽やかさを与えるように、髪を短くしておきましょう。

就活の時に気をつけるべきポイント

(1)ワックスはつけてOK

就活の際には、ワックスなどのヘアスタイリング剤は使っても問題はありません。

清潔感や爽やかな印象を与えるためには、ワックスなどを使って髪をセットすることは必要なことです。ヘアスタイリングの際に、鏡を使ってどう見えるかや誰かに見てもらってマイナスの印象を与えないように気をつけてみましょう。

しかし、ワックスのつけすぎたり、髪を立てたりはしないようにしましょう。面接官にマイナス印象を与えてしまいます。

(2)髪型だけじゃない!眉毛やヒゲのケアも忘れずに

証明写真を撮る時や面接の時にはついつい髪型を気にしてしまうと思います。ですが、髪型以外にも気をつけるべきポイントがあります。それが、「眉毛」と「ヒゲ」です。

詳しく説明いたします。

1.眉毛

眉毛を気にしてきちんと手入れをしているという方はもしかしたら少ないかもしれません。

しかし、眉毛は見た目の印象に影響を与える重要なパーツです。切りすぎないように気をつけながら、手入れをしておきましょう。

ベストは、鏡に正面を向けた時に黒目の外側に眉山があると良いでしょう。

2.ヒゲ

証明写真を撮影する前や面接前には、しっかりとヒゲ(髭)を剃って臨むようにしましょう。

清潔感や爽やかさが重要なことから、就活中にヒゲを生やしておくのはマイナスの印象を与えかねません。剃り残しのないように、しっかりとヒゲは剃っておきましょう。

髪型が整った証明写真を撮るなら写真館・スタジオがおすすめ!

ヘアメイクをしてもらう女性
ここまで、就活の写真の時の髪型について紹介してきました。

就活中に使う機会が多い証明写真はしっかりと整った髪型で撮りたいものです。
そんな時にはヘアセットをしてくれる写真スタジオを利用すると良いでしょう。

数ある写真館・写真スタジオの中でもおすすめなのが、スタジオファンです。

ヘアセット・メイクも入ったプランがある!

ヘアメイク中の女性
スタジオファンでは、「就活パーフェクトメイクリクルートプラン」・「就活ヘアセットエコノミープラン」・「マスコミ・エアラインプラン」の3つのプランがあります。

プラン フルメイク ヘアセット レンタルスーツ 写真補正 全身撮影
就活パーフェクトメイク
リクルートプラン
×
就活ヘアセット
エコノミープラン
×
マスコミ・エアラインプラン

全てのプランでヘアセットをしてくれるため、安心して出来の良い証明写真を撮ることができます。

それぞれの料金も就活生にとって利用しやすい価格設定となっています。

STUDIOFUNの撮影プラン(税抜価格)
プラン 価格
女性 男性
フルメイク付
リクルートプラン
¥13,000 ¥12,000
ヘアセット付
エコノミープラン
¥9,200
マスコミ・エアラインプラン ¥28,500

資生堂の就活用証明写真ってどうなの?プランや予約方法を徹底解説

清潔感・爽やかさを与える髪型で写真撮影に臨もう

いかがでしたでしょうか?
今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 就活男子の髪型は「清潔感がある」・「髪の長さを短くする」・「髪色を地毛に近い色にする」
  • 髪型は短め・七三分け・ツーブロックにする
  • ロン毛・茶髪・長髪はNG
  • ワックスはつけてOK
  • 眉毛やひげのケアも忘れないようにする
  • 整った髪型で証明写真を撮るなら写真スタジオがおすすめ

メラビアンの法則によれば表情や髪型などの視覚的情報は人の印象に大きく影響します。

証明写真も同じように、それだけで第一印象は決まってしまいます。できるだけ好印象を与えるような表情と髪型での写真を履歴書などに使うと良いでしょう。
就活証明写真スタジオを見てみる

TOP