就活スタートガイド

  • 就活写真に最適な表情とは?撮影前に知るべき好印象に写る方法を解説

就活写真に最適な表情とは?撮影前に知るべき好印象に写る方法を解説

「履歴書やエントリーシートでいい印象を残したい!」
「就活の履歴書の写真の表情って笑ってもいいの?」

履歴書やエントリーシートの証明写真は、採用企業が一番初めに見る情報です。写真の出来によっては、書類選考に通らないこともあります。

そのため履歴書やエントリーシートの証明写真を撮る前にあらかじめどんな表情で撮れば印象が良くなるかポイントを把握しておくことが大切です。

この記事では、就活の証明写真における好印象な表情と姿勢、髪型、服装、その他身だしなみとして女性向けのメイクや男性のひげの身だしなみについて解説します。

参考にして、最高の証明写真で内定に一歩近づきましょう。

就活の履歴書写真の表情では口角と目力を意識

就活 表情
履歴書写真の表情で、好印象な表情は、ずばり、微笑んでいる顔です。

極端な笑顔だと、人によっては「緊張感がなく社会人として少し恥ずかしい」と捉えられるかもしれませんし、無表情だと、「自信がなさそうで暗い印象だから、実際に会ってみなくてもいいか」と思われる可能性があります。

そのため、採用担当者に好印象を残すために微笑んでいる顔の作り方を習得することが大切です。

好印象な微笑みを作る為のポイントは2つあります。それは口角と目力の2つです。

具体的には口角は歯を見せずに上げること、目力は普段よりも目を大きく開けて目力を出すことを意識しましょう。

1.歯を見せずに口角を上げる

好印象な写真は、歯を見せずに口角を上げる事がポイントです。

口角を上げる為には、表情筋を上げる事が重要です。

表情筋とは
顔面の皮下に広く存在し,主として骨から起って皮膚に終る皮筋。喜怒哀楽などのさまざまな表情はこの筋肉の働きによる。表情筋は舌骨弓筋から分化し,哺乳類では眼,耳,鼻,口などの開閉のために頭部に発達した。ヒトでは口の運動に関係するものの数が多く,左右合せて 20種ほどの筋肉がある。口輪筋はそのなかでも最も大きい。
参考:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

もし、うまく表情筋を上げれない人は、舌先を丸めて前歯の裏にあてると表情筋が安定すると言われています。事前に鏡などを使って練習してみて顔の緊張をとりつつ慣れていきましょう。

1日に多い時で2000人の学生のエントリーシートを見ることがある採用担当者にとっては、パッと見た際に、落ち着きがあって自然な笑顔の人の方が「この人は親しみやすそうだから会ってみたいし、活躍してくれそう」と良い印象を持ちます。そのため恐れずに写真でも微笑みましょう。

2.普段よりも目を大きく開けて目力を出す

好印象な微笑みを作るためには普段よりも大きく目を開け目力を出す事がポイントです。

こうすることで、表情がすっきりし前向きで自信のある表情を演出できるからです。例えば以下のような目線にはならないよう気をつけましょう。

  • 下から上目遣い
  • 上から見下ろす

ただし、好印象に見せるためには表情以外にも一緒に気を付けたほうがより就活写真の写りがよくなる点があります。

何を気を付けたらいいかについて次の章で具体的に紹介いたします。

就活写真は表情以外にも姿勢・服装・髪型に注意

就活写真の写りをよくするには、表情以外にも姿勢・服装・髪型にも気を付けたほうが良いです。

なぜならどんなに表情が好印象でも、猫背であったり、シャツがクシャクシャであったり、髪がもさもさしていたりしていたら、身だしなみがなっていないと思われ不採用にされる可能性があるからです。

見た目だけで不採用にされる可能性をなくすためにも髪型・姿勢・服装で気を付けたほうがいいポイントを押さえておきましょう。

就活の写真の髪型は清潔感がポイント

写真を撮る上で、髪型の清潔感を出すことも重要なポイントです。

男性、女性関わらず清潔感のある髪型を意識しましょう。

ここでは女性男性の場合に分けて、清潔感のある髪型について解説していきます。

就活向け清潔感のある髪型【女性編】

就活女性の髪形
女性の就活の履歴書写真で印象がよいヘアスタイルは面接でのヘアスタイルと同様の考え方を持つと良いでしょう。自然なきっちり感がある髪型にすることがポイントです。

その際のポイントはこの2つです。

  • 前髪は眉毛や顔にかからないよう眉上の長さにするか、短くしないなら前髪すべてを横に長しピンでとめる
  • サイドはしっかりジェルやワックスなどを使用して、顔にかからないように固める

例えば、お客様にお辞儀をした際、前髪が落ちてくるようであればピンやヘアスプレーで固めましょう。また髪が肩に当たってハネたり、くせっ毛で髪にまとまりのない人は束ねると良いです。

ただし上記をきちんと守っている場合でも、髪を留めているピンが見えていたり、ボブカットで耳が隠れているような髪型はあまり好ましくないので気をつけましょう。

色に関しては必ずしも真っ黒でないといけない訳ではなく、スーツの色と髪色バランスで不自然でないかどうかを考えましょう。業界や業種、企業ごとの特色に合わせる事が大事で、在籍社員の髪色が黒であれば黒に合わせるのがおすすめです。

就活向け清潔感のある髪型【男性編】

男
就活男子が就職活動を行っていくなら、やっぱり定番のショートヘアがおすすめです。

男性の髪型のポイントとしては大きく分けて3つあります。

  • 短くカットすること
  • 髪色は地毛に近い黒かこげちゃの髪色にすること
  • スタイリング剤を使って整えること

1.短くカットする事

髪は短めにカットして、清潔感や爽やかさやフレッシュさを出しましょう。

その為には、

  • 前髪が眉毛にかかっていないか
  • サイドの毛でこめかみが隠れていないか
  • もみあげは耳までの長さか
  • 襟足は襟にかからない長さか

をチェックしましょう。

2.髪色は地毛に近い黒かこげ茶の髪色に

基本的には黒やこげ茶など地毛に近い髪色にしましょう。また、万が一地毛が少し茶色がかっている人も真っ黒すぎる黒染めは不自然です。重要なのは相手にとって自然に見えるかどうかであることを把握しておきましょう。

3.スタイリング剤を使って整える

髪の流れを整えるために、スタイリング剤であるワックスやスプレーなどをうまく使って髪の流れを整えましょう。

ただし大切なのはおしゃれであるかよりも、清潔感があり爽やかであるかどうかです。おすすめは水溶性のワックスを使い、寝ぐせや癖を直す方法です。

男性はメイクが無い分、髪型で大幅に印象が変わります。ポイントを抑えて清潔感とフレッシュさを演出しましょう。

姿勢は背筋と腰をまっすぐに

写りの良い写真にするためには表情はもちろん大切ですが、姿勢も大切です。いくら口角が上がっていても、猫背気味の写真はやる気がなく頼りない印象になってしまい、好印象を与えることは出来ないでしょう。

姿勢を作るポイントとしては、

    背筋と腰をまっすぐ伸ばして座る。腹筋を引き上げるイメージで座る

です。

こうすることで同時に胸を張ることができ、全体の印象として生き生きとしているように見せることができます。

良くない姿勢の例は以下です。

  • 肩の高さが左右で平行になってない
  • 顔の位置が正面を向いていない
  • 肩に力が入りすぎている
  • 顔が左右に傾いている
  • 胸元を張ってない

就活の履歴書の写真で服装面で意識したいこと5つ

男性、女性関わらず、就活写真の写りを良くしたいなら髪型同様「清潔感のある服装」を意識しましょう。

どんなに笑顔で感じの良い人でも、シャツがよれていたり、シミがついていたりしたら「身の回りのことも気を使えていないので、仕事でもミスが多そう」と思われ印象は下がります。

具体的には

  • スーツは黒か紺を着用すること
  • シャツにはシミやゴミがないかを確認すること。ついている場合は新しいものと交換。
  • シャツはアイロンでしわを完全に伸ばしたものを着用すること
  • 【女性】ブラウスやシャツは胸元を開けすぎないようにする
  • 【男性】ネクタイはまっすぐ、歪んでないか確認する

これらを意識しておきましょう。身だしなみを意識して実践するだけでもあなたの印象は大きく変わります。

他にも気を付けたい身だしなみ【メイク・ひげ】

就活写真の写りを良くしたいならば、他にも気を付けたい身だしなみとして女性はメイク、男性ならばひげがあります。それぞれ気を付けるべきことを押さえておきましょう。

就活メイクで気を付けるべきこと【女性】

女性の場合はメイクでさらに好印象な写りを目指すことが可能です。女性は就活の履歴書写真を撮る場合、清潔で上品に見えるように、ナチュラルメイクを心がけましょう。そのために、就活写真用メイクで気を付けるべきこと押さえましょう。

【顔全体】
ファンデーションを薄めに塗って、立体感を出す2色~3色使いのチークを使い、血色が自然なように見せる
【目】
ベージュ系の色でマットなアイシャドウを使い目元ナチュラルに仕上げ、マスカラはビューラーを使ってカールしてからひと塗りする
【口】
唇にはピンクやオレンジ系ピンクのリップで血色よく見せる
【眉毛】
はみ出ている毛は眉毛ばさみでカットして、アイブロウパウダーとアイブロウペンシルを両方使ってナチュラルなキリっとした眉を作る。眉マスカラは基本使わないで眉毛を作る
【その他】
カラコンやつけまつげは基本使わないこと

そのほかにも「ニキビや毛穴が気になるから美肌修正したいんだけど大丈夫かな」「目を大きく加工したい」という人もここ最近多いです。

実際、本人と確認できないレベルに加工していなければ問題はありません。ただ美肌修正ではなく、目を加工するなどは実本人との印象が大きく変わってしまい、面接のときに驚かれるのでほどほどにしましょう。

またケータイのアプリで目や肌を加工すると画像の画素数が落ちてしまうので、もし肌や目などを加工するならば仕上がりに違和感が出ないよう、自分ではなく腕のある就活写真スタジオで撮影をお願いするのがおすすめです。

就活ではひげを剃るのが基本【男性】

男性の場合、ひげは完全に剃りきるようにしましょう。ひげが伸びていると採用担当の人に不潔な印象を持たれることがあります。

人によってひげが伸びる速度は異なりますが、基本毎朝鏡でチェックして伸びてたら剃っておくのが無難です。

就活用の写真撮影は就活写真スタジオがおすすめ

証明写真スタジオでの撮影
就活の履歴書の写真は結論から言うと、就活写真スタジオで撮影するのがおすすめです。

履歴書写真は、就活写真スタジオ以外にもスピード写真館やボックス写真もありますし、スマートフォンのアプリで撮影することも可能です。しかし、それらで撮影するとなかなかうまくいかないケースもよくあるためです。

例えばこんな不安と失敗があります。

【証明写真ボックスやアプリの場合】
  • ネクタイやシャツがよれたまま撮影していた
  • 表情が堅いまま撮影していた
  • 【スピード写真館の場合】
  • 撮影する人が緊張を和らげてくれなかったため、硬い表情のまま撮影をしていた
  • 清潔感ある髪型に自分で整えてから撮影しなければならなかった
  • 姿勢が少し右肩下がりだったのに指摘してくれず完成した写真を見てから歪みに気づいた
  • このような失敗事例を防ぎたい、そして就活の履歴書写真で表情に自信がない場合はプロのカメラマンに任せる方法がおすすめです。

    この方法にはメリットが3つあります。

    メリット1 メイクや髪型などのアドバイスをしてくれる

    プロのカメラマンに依頼すれば、メイクや髪型などのアドバイスを得られます。その場で直すこともできますし何より客観的に見たうえでのアドバイスがもらえます。

    ヘアメイクは、椅子に座ってから撮る直前にアシスタントの人が直してくれるケースもあるので、任せてしまえば安心です。

    メリット2 衣服の乱れも直してくれる

    襟が曲がっている、ネクタイが斜めになっているなど、細かい点は自分では気づきにくい点がいくつもあります。プロに任せてしまえば、これらの点にも気がついてくれるため、その場で直せます。

    自分では気がつかない細かい点などもプロの目線でチェックできるので、心配する必要がなく集中して写真撮影ができます。

    メリット3 姿勢や表情も指示してくれる

    カメラ越しに見た姿勢や表情も指示してくれるので、自分で撮影をして、それを見て直す必要はありません。

    プロならではの視点で、「もう少し笑顔で」、「顎を引いて」などといい表情の作り方を指示してくれます。姿勢は自分ではわからない癖もあるので、客観的に見て注意してもらえるとより見栄えのする写真となります。

    ぜひプロの就活写真スタジオをチェックしてみてはいかがでしょうか。
    就活写真スタジオを見る

    【まとめ】就活の履歴書写真の表情は口角・目力を意識して微笑もう!その他姿勢・髪型・服装も意識すべきところをおさえよう

    それでは、この記事のおさらいをしましょう。

    • 履歴書やエントリーシートの写真の表情は口角・目力を意識して微笑んでいる顔がベスト
    • 背筋と腰をまっすぐにして座ることが正しい姿勢を取るコツ
    • 髪型は女性はサイドと前髪が顔にかからないヘアアレンジ、男性はショートヘアなど清潔感を意識すると良い
    • 服装は黒か紺のシンプルなスーツでしわのないシャツを着ると良い
    • もし自分の表情や身だしなみに自信がなければプロの写真館で頼むとヘアメイクや衣服の乱れ直しや姿勢・表情をなおしてくれるのでおすすめ

    履歴書やエントリーシートの証明写真は本人確認書類のひとつとはいえ、自身を印象づけるためには大切な書類です。

    「自分の写真写りには自信がないので就活の証明写真はどこで頼むべきかな」と考えている方は一度プロのカメラマンにお願いしてみるのもいいでしょう。プロのサポートで内定に一歩近づける写真を撮影しましょう。

    就活写真スタジオを見る

    【関連記事】
    就活写真はスピード写真で大丈夫?内定を勝ち取る写真を撮るコツ3つ
    【就活生必見】必要な証明写真の枚数は?理由とともに徹底解説

    TOP