就活スタートガイド

  • 就活に使う証明写真のサイズはどれ?ESや履歴書に使う最適な大きさ

就活に使う証明写真のサイズはどれ?ESや履歴書に使う最適な大きさ

「そろそろ就活の証明写真を撮りに行きたい」
「けど就活の証明写真のサイズはどれを選べばいいのかな」

就職活動のエントリーシート(ES)や履歴書には、必ず証明写真を貼ります。
そのため就活の準備の一環として就活証明写真のサイズや貼り方など、就活証明写真の知識についてあらかじめ知っておくことが大切です。

この記事では、履歴書に使う写真のサイズや実際に写真を貼る時の注意点、証明写真のサイズが違った際の対処法を紹介します。

就活用写真の一般的なサイズは4cm×3cm

就職活動のエントリーシート(ES)や履歴書に使われる証明写真は縦4.0cm×横3.0cmのものを使うのが一般的です。

それは、多くの企業のエントリーシートでは、写真が縦4.0cm×横3.0cmで指定されていることが多いからです。

企業から特別な指定がない場合には、この>縦4.0cm×横3.0cmで用意するようにしましょう。

WEBデータの場合も4cm×3cmのものを使う

近年ではエントリーをWEB上で行うという企業も増えてきています。

一般的な画素数が指定されていることが多く、一般的な推奨サイズは以下の通りになっています。

  • 縦560px(ピクセル)×横420px(ピクセル)
  • 縦600px(ピクセル)×横450px(ピクセル)

*ピクセルとは、デジタル画像の最小単位のことを言います。

となっており、どちらも縦横比が4:3です。

ですので、縦4cm×横3cmのものでも証明写真に使うことができます。

心配な方は、写真館・写真スタジオに希望のピクセルを伝えて、そのサイズの画像データをもらうといいでしょう。

使用する履歴書でサイズが違うこともある

一般的な写真サイズは縦4cm×横3cmですが、使用する履歴書によって違いがあります。

例えばB5サイズの履歴書の場合、縦3.6cm×横2.4cmのサイズになっていることが大抵です。

履歴書自体のサイズが小さいことから、証明写真の枠に書かれている指定サイズが小さくなります。

応募先の企業から指定がある場合には、必ず指定サイズの写真を貼るようにしましょう

履歴書のサイズに関する記事もありますので、気になる方は見てみてください。

公務員試験の願書も4cm×3cmが一般的である

国家公務員試験や地方公務員試験などの公務員試験の申込書に用いる画像サイズも縦4cm×横3cmであることが一般的です。

平成30年度国家公務員採用総合職試験の受験案内では、第1次試験の注意事項として以下のように書かれています。

6 第1次試験に関する注意事項
(1) 受験票には、本人であることが明瞭に確認できる写真(3か月以内に撮影した、脱帽・上半身・正面向きの縦4cm横3cmのもの)をはり、第1次試験当日に必ず持参してください。
出典:平成30年度国家公務員採用総合職試験受験案内

国家公務員採用一般職試験においても同様の記述があります。

また、地方公務員でも多くの都道府県において、縦4cm×横3cmの画像サイズが指定されています。

【参照】
東京都職員採用試験
神奈川県職員採用試験

都道府県・市町村によって違いがあるため、申込みを希望する自治体の採用をチェックしておきましょう。

就活で証明写真を履歴書に貼るときの注意点

証明写真を履歴書に貼る際には、2つの注意点があります。

(1)綺麗に正しい大きさの写真を貼る

履歴書に証明写真を貼る際には、写真のスペースに正しい大きさの写真を綺麗に貼るようにしましょう。

指定された写真のサイズのもの以外は貼らないようにしましょう。

写真が大きすぎたり、小さすぎたりすると「この人は指定されたことも守れない人なので、仕事でも指示に対して指示通りに動けない可能性がある」というマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

また、応募先から履歴書が返送されてきたり、写真を貼ってから履歴書の記載内容を間違えた場合は、その写真を再利用せず、新しい写真を新しい履歴書に貼って書き直しするようにしましょう。

(2)裏に学校名や名前を書いておく

履歴書に貼る写真の裏には、学校名や学部、名前を書いておきましょう

履歴書にのりなどで写真を貼り付けていても何かしらの理由で剥がれてしまうことがあります。

そんなときに、裏面に学校名や学部・名前が書かれていればすぐに誰のものかがわかりやすくなります。

企業のエントリーシート(ES)を出す際にあらかじめそのような指示がある場合もあります。このような心配りも忘れないようにしましょう。

写真のサイズも心配無用!就活証明写真なら写真スタジオがおすすめ

正しいサイズの写真を撮る際には、自撮りやスピード写真でも撮影することは可能です。しかし、証明写真を自分で撮ろうとして、サイズ選択を間違えてしまい、もう一回取り直さなければならないということも少なくありません。

そのようなトラブルを引き起こさないためには、写真館や写真スタジオを利用して撮影するのがおすすめです。

なぜなら、写真館や写真スタジオであれば、就活目的で使うことを話せば、自動的に一般的な4cm×3cmのものを渡してくれるからです。

さらにヘアセットも全部してくれるところで撮影すれば、写真写りなども圧倒的にスピード写真などよりも良いため、「この人はやる気があって清潔感があってきれいなので仕事もできそう」と採用面接官に思われ、書類選考で一歩有利になる写真をゲットできる可能性があるからです。

今回は、DHCとコラボした写真館であるおすすめの「スタジオファン」をあげながらその理由2つを詳しく見ていきましょう。

様々な写真のサイズに対応してくれる

スタジオファンでは、証明写真のサイズ変更を無料で対応してくれます

縦4cm×横3cmだけでなく、使用する履歴書や応募先の企業の指定のサイズに変更することができます。

また、証明写真だけでなく、WEB用のエントリーデータのサイズ変換も対応してくれます。

スタジオファンでは撮影したデータを1年間保証してくれるため、撮影後のサイズ変更も可能です。

ヘアセットが全てのプランに含まれているため好印象な写真が撮れる

スタジオファンのプランには、ヘアセットが含まれています。また、フルメイク付のプランやマスコミ・エアライン業界向けのプランもあります。

それぞれのプランは以下のような就活生にとって手に届く範囲の値段となっています。

ほかの志願者よりも一歩好印象を採用担当者に与えるためにも、このようなプランを利用して撮影するのは、一つの手として考えてもいいでしょう。

STUDIOFUNの撮影プラン(税抜価格)
プラン 価格
女性 男性
フルメイク付
リクルートプラン
¥13,000 ¥12,000
ヘアセット付
エコノミープラン
¥9,200
マスコミ・エアラインプラン ¥28,500

スタジオファンを見てみる
以下の記事では、資生堂の就活証明写真プランも紹介しているので、比較で検討してみるのもおすすめです。

正しいサイズの綺麗な写真を手に入れよう

いかがでしたでしょうか?

今回の記事のおさらいをしましょう。

【就活用写真のサイズ】

  • 就活用の証明写真のサイズは縦4.0cm×横3.0cm
  • WEB用のデータも4.0cm×3.0cmのものを用意する
  • 使用する履歴書によってサイズが違うこともある
  • 公務員試験の写真のサイズは縦4.0cm×横3.0cmが一般的
【就活で証明写真を履歴書に貼るときの注意点】

  1. 綺麗に正しい大きさの写真を貼る
  2. 裏に学校名や名前を書いておく
【証明写真のサイズが違う場合の対処法】

  • 写真館・写真スタジオでサイズ変更をしてくれる
  • スピード写真で撮影した場合は再度撮影した方がいい

学生のうちはお金がないので「少しでも費用をおさえるためにスピード写真で証明写真を済ませてしまおう」と思う人も多いでしょう。
しかし、サイズミス防止や、写真写りをより追及するならば圧倒的に写真館や写真スタジオでの撮影がおすすめです。

正しい就活用写真を用いて、採用担当者から印象の良い履歴書・エントリーシートを作りましょう。

《就活用写真の関連記事》
【証明写真】デキる就活生は「背景」までこだわる!おすすめ&NGな色
【就活生必見】必要な証明写真の枚数は?理由とともに徹底解説

TOP