就活スタートガイド

  • 就活履歴書の適正サイズは?就活生におすすめの大きさや選び方を紹介

就活履歴書の適正サイズは?就活生におすすめの大きさや選び方を紹介

「就活で使う履歴書のサイズどれ使えばいいのか分からない」
「どんな項目が記載されている履歴書を使えばいいのか知りたい」

大学3年生の夏になり、いよいよ就職活動も始まる前に企業に提出する履歴書を購入する時期です。しかし履歴書はB5・A4・A3のどれを購入すべきか、またどんな履歴書を購入したらいいか分からない就活生も多いでしょう。

そこで今回は就活前の準備に役立つ、履歴書のサイズについてと履歴書の種類の選び方についてご紹介します。

1.就活の履歴書のサイズはB5とA4とA3どれが正解?

履歴書の種類b5とa4とa3
就活で使う履歴書のサイズは結論、B5とA4とA3どれを使っても大丈夫ですが基本的にB5とA4を使うのがおすすめです。

  • B5→見開きで、A4と同じくらいノーマルでよく見かけるもの
  • A4→見開きではないが、私たちが印刷物でよく手にするサイズ
  • A3→見開きで、B5よりも一回り大きいサイズ
  • B5であれば、自分の趣味や課外活動や学生時代に力を入れたことを簡潔に伝えられるメリットがあり、A4であれば平均的な大きさであるため、必要最低限の事が記載できます。A3は基本的には使う人が少ないため基本的には使わない方が良いでしょう。

    しかしそれよりも大事なのは、履歴書サイズではなく履歴書の中に記載されている項目です。モノによって履歴書に印刷されている項目が大きく異なるので必ず中身を確認するようにしましょう。

    2.就活の履歴書の選び方のコツ2選

    就活の履歴書の種類のすすめ
    就活で使う履歴書の大きさはそこまで関係はありません。しかし印刷されている項目がモノやタイプによって大きく変わります。基本的には経歴欄が小さめ、かつ志望動機と学生時代頑張ったことがしっかり記入できるものを購入するようにしましょう。

    履歴書は面接前の書類選考、もしくは書類選考通過後の面接の参考資料にされるため、経歴や資格の欄が大きく印刷されているものを利用すると、せっかくの履歴書が人事や面接官に自分自身の人柄を伝えきれないものになってしまいます。

    具体的に就活の履歴書によってこんな違いがあります。そのため就活の履歴書の選び方には注意しましょう。

  • 資格欄が大きい
  • 職歴・経歴欄が大きい
  • 学生時代頑張ったことを書く欄がない
  • 自己PR欄が小さい
  • 趣味・特技を書く欄がない
  • 市販であればJIS規格を取得したもの、それ以外であれば大学指定の履歴書などは一般的に上記の項目を気にしなくて済むためおすすめです。

    3.就活の履歴書の作成で注意したいこと2選

    悩む就活生
    次に就活の履歴書を作成する際に気を付けておきたいことを紹介します。

    就活の履歴書は「何を買うかよりもどんな内容を企業側に提出するかの方が大切」です。ぜひしっかりポイントを押さえておきましょう。

    字は丁寧に書き文字列は揃えること

    就活で使う履歴書には主に以下の項目について記入欄があります。

  • 学歴・経歴
  • 学生時代力を入れたこと
  • 自己PR
  • 趣味
  • 資格
  • これらの項目はどれも2~3行くらいのスペースに記入をします。万が一上の行と下の行で文字列が整っていないと、時間をかけずに雑に仕上げた履歴書と企業の人事の方に思われ悪い印象を与えてしまう可能性があるので気を付けましょう。

    おすすめは清書する前にHBなどの鉛筆やシャープペンシルで薄く下書きをしてから清書することです。

    3×4cmの写りのいい写真を貼る

    就活には市販されている履歴書を使うことがほとんどですが、この場合の写真サイズが4.0cm✕3.0cmです。企業によっては履歴書のフォーマットや写真サイズが別に定められているところもあるので、まずはよく確認してみましょう。

    また履歴書の写真は、その人の印象を決める決定的な材料ですので画質が良く写りが良いものを選ぶようにしましょう。

    これはある就活セミナーに来ていた企業の人事部長の方が以下のように述べていたためです。

    就活生の提出する履歴書について
    就活生の提出する履歴書はエントリー締め切り後から徹夜で目を通している。学生のエントリー数が多く、時間も限られているため1つの履歴書に目を通す時間は15秒から30秒くらいしかない。

    引用元:A社 人事採用担当者の就活セミナーでの声より

    ぜひ気を付けておきましょう。さらに可能であれば履歴書の写真の裏に名前を書いておくこともマナーです。

    4.就活の履歴書写真で失敗は避けたい!やるべき2つのこと

    2つのことを教える就活生
    就活の履歴書はパッと目を通したときの第一印象が大切です。

    それは、さきほども述べたように就活の履歴書は人事の人によっては1つの履歴書に対して、短いと15秒から30秒しか目を通さない場合があるからです。
    そのため以下の2つを押さえておきましょう。

    顔写真データと現像写真10枚をもらう

    履歴書の写真はデータと現像写真10枚ほどをもらっておきましょう。

    これは最近の就活は顔写真データでエントリーできるものが6割くらいであるためです。この場合、スピード写真ではデータは取得できないので取らないことをオススメします。

    プロの写真館で依頼する

    履歴書の写真はプロの写真館で依頼することがオススメです。

    質にとてもこだわりがある方はデパートの写真館でもいいですが、2万円近くかかるため、質と値段を考慮すると7000円近くからできる就活写真スタジオでの撮影がおすすめです。

    実際に今年就活した学生もこのように実感してます。

    就活経験19卒 Aさん
    最初、近所の写真館で写真をとりました。撮影料金と顔写真データと現像写真1枚セットプランで税込み2000円弱だったと思います。表情や体の傾きを修正して写真を撮ってくれましたが、ヘア修正やメイクなどのプランはなかったので、仕上がりがアホ毛が少し目立つものになってしまいました。

    加えてメイクも自分でしたため濃すぎる仕上がりになってしまい納得いくものができませんでした。そのため就活写真スタジオで写真を取り直しました。美肌加工もメイクもヘアアレンジもしてくれたので初めからこっちに頼めばよかったと後悔です。

    就活経験19卒 Bさん
    デパートの写真館で写真を撮りました。撮影料金とプリント写真1枚とデータで税込み2万円近くしました。メイクもヘアアレンジもしてくれ、美肌補正も出来て大満足ですが値段が高すぎるところが難点でした。

    スタジオファンであれば、自分でメイクができる女性やメイクの必要がない男性ならヘアセット込みで7200円から、プロのメイク付きであれば10000円から依頼できます。ぜひ試してみましょう。
    スタジオファンのプランをチェック

    【まとめ】就活の履歴書のサイズはB5かA4!サイズよりも履歴書写真や内容を重視しよう

    ここでもう一度大切なことのみおさらいしておきましょう。

    • 就活の履歴書のサイズはB5かA4が主流
    • 経歴欄が小さめで志望動機と学生時代頑張ったことが記入できるものを購入
    • 履歴書で大事なのは内容であり履歴書の写真は重要な要素の1つ
    • 写真を撮るなら値段と画質とヘアアレンジの観点から判断して就活写真スタジオがオススメ

    顔写真は履歴書の印象を大きく変えます。

    ヘアアレンジは自分でできる自信がないけれども値段をかけすぎたくない人はぜひ顔写真を綺麗に仕上げるためにぜひ就活写真スタジオで撮影を試みてみましょう。
    就活証明写真スタジオをチェック

    就活写真について他にも悩みを抱える方は以下の記事も参考にしてください。
    就活に使う証明写真のサイズはどれ?ESや履歴書に使う最適な大きさ
    就活で使う履歴書の写真のベストな表情を解説!企業に好印象な3ポイント
    就活の証明写真の背景は何色がいい?明るすぎる色は避けたほうがいい理由
    就活写真はどんな髪型で撮る?履歴書で好印象を与えるヘアスタイル

    TOP