就活スタートガイド

  • 就活履歴書の適正サイズは?就活生におすすめの大きさや選び方を紹介

就活履歴書の適正サイズは?就活生におすすめの大きさや選び方を紹介

「就活で使う履歴書のサイズってどれがいいの」
「どんな項目が記載されている履歴書を使えばいいのか知りたい」

一口に履歴書と言っても、サイズや種類は多く、どの履歴書を選べばいいか迷うこともあります。

そこで今回、履歴書のサイズや記入項目などの中身について紹介します。
また、履歴書のサイズ以外の注意点やパソコンで履歴書を作る場合のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

就活の履歴書のサイズはA4とB5を使うのがおすすめ

履歴書の種類b5とa4とa3
就活で使う履歴書のサイズは結論、A4とB5を使うのがおすすめです。
どちらのサイズを使ったからといって選考で不利になることはありませんが、自分に合った履歴書を選びたいものです。

ここでは、A4とB5それぞれの特徴を見ていきましょう。

A4の特徴
  • B5に比べて一回り大きい
  • 学歴や職歴、学生時代頑張ったことなど、書き込む欄が多い
  • 欄が大きいため、文字が比較的読みやすい
  • エントリーシートと同じサイズのため、書類サイズを統一できる
B5の特徴
  • A4に比べて一回り小さい
  • 学歴や職歴、学生時代頑張ったことなど、書き込む欄が少ない
  • 欄が小さいため、文字数が少なく済み、余白を埋められる
  • コンパクトに要点を伝えられる

以上の特徴を踏まえ、履歴書のサイズを選んでください。

企業からの指定サイズがある場合はそれを守ろう

企業によって履歴書のサイズ指定があるため、その指定サイズをきちんと守る必要があります

履歴書サイズは呼び方が複数あり、ややこしい場合があるのでここで確認をしていきましょう。

・A4サイズ(見開きではA3のものを指す)=A3判・A4判・A判

・B5サイズ(見開きではB4のものを指す)=B4判・B5判・B判

サイズの呼び方は社会に出てからも必要な知識になるので、しっかりと把握をしておきましょう。

サイズだけじゃない!履歴書の記入項目も大切

ここまで履歴書のサイズについて説明をしてきましたが、適したサイズの履歴書をただ使えば良いというものでもありません。履歴書では記入できる項目も非常に大切です。

ここでは履歴書の記入項目について説明します。

履歴書の記入項目は自分を最大限にアピールできるものを

就活の履歴書の種類のすすめ
履歴書によっては、記入する項目が大きく異なるため、自分をアピールできる内容も変わってきます。

履歴書を選ぶ際は、志望動機と学生時代頑張ったことが記入できるものを購入するのがポイントです。

履歴書は、面接前の書類選考や書類選考通過後の面接の参考資料に使われます。そのため、経歴や資格の欄が大きく印刷されているものを利用すると、自分自身の人柄を伝えきれないものになってしまいます。

具体的に就活の履歴書には、以下のような違いがあるので参考にしてみてください。

  • 資格欄が大きい
  • 職歴・経歴欄が大きい
  • 学生時代頑張ったことを書く欄が大きい
  • 自己PR欄が小さい
  • 趣味・特技を書く欄がない
  • 市販であればJIS規格(日本工業規格)という記載のあるもの、それ以外であれば大学指定の履歴書などは一般的に上記の項目を気にしなくて済むためおすすめです。

    履歴書のサイズ以外の注意点3つ

    ここまで履歴書のサイズや記入項目を紹介してきました。しかし実際に履歴書を選んで作成しても、その中身や封筒のサイズなど、その他のマナーが守られていなければ面接官からの印象はよくはなりません。

    ここでは履歴書のサイズ以外の注意点について説明します。

    1.修正ペンなどで文字修正しない

    就活において、修正ペンなどで文字を修正した履歴書を提出するのは、NGです。

    修正した跡が残っている履歴書は、面接官からの印象は良くなく、「入社の熱意が感じられない」と受け取られる可能性があるためです。履歴書で印象を悪くするのは避けたいものです。

    しかしいくら丁寧に履歴書を書いていても、文字を書き間違えをしてしまうことはあります。そんな時は鉛筆などで薄く下書きをしてから、黒のボールペンで本書きするのがおすすめです。

    2.履歴書の写真サイズは3×4cm以外を選んではいけない

    就活には市販されている履歴書を使うことがほとんどですが、この場合の写真サイズが3×4cmです。企業によっては履歴書のフォーマットや写真サイズが別に定められているところもあるので、まずはよく確認しましょう。

    また履歴書の写真は、印象を決める決定的な材料なので画質が良く写りが良いものを選びます

    これはある就活セミナーに来ていた企業の人事部長の方が以下のように述べていたためです。

    就活生の提出する履歴書について
    就活生の提出する履歴書はエントリー締め切り後から徹夜で目を通している。学生のエントリー数が多く、時間も限られているため1つの履歴書に目を通す時間は15秒から30秒くらいしかない。

    引用元:A社 人事採用担当者の就活セミナーでの声より

    ぜひ気を付けておきましょう。さらに可能であれば履歴書の写真の裏に名前を書いておくこともマナーです。

    以下の記事では証明写真について詳しく説明しているので気になる人は参考にしてください。

    就活に使う証明写真のサイズはどれ?ESや履歴書に使う最適な大きさ

    3.履歴書のサイズで封筒も変えよう

    履歴書を入れる封筒
    履歴書を送る際に使用する封筒のサイズは角形四号か角形二号のものを選びます。角形四号はB5の履歴書、角形二号はA4の履歴書を折ることなく入れることができ、履歴書に折り目がつくことがありません。

    履歴書を三つ折りにする長封筒は使わないのがポイントです。また、封筒の色は、茶色ではなく白を使用するのが良いです。茶色の封筒はビジネスシーンで使われることが多いため、他の書類に紛れてしまうことがあるためです。

    パソコン作成の履歴書はコンビニで印刷しよう

    パソコンと履歴書
    就活生の中にはパソコンで履歴書を作成しようと考えている方もいるでしょう。履歴書はパソコンより手書きの方が良いと言われることもありますが、どちらでも問題はないとされています。

    自宅にあるプリンターで履歴書を印刷する場合、普通はA3やB4は印刷することができません。A4を2枚印刷し、片面ずつ提出するわけにもいかないでしょう。

    そのような場合はコンビニのプリンターを利用しA3、B4で印刷するのがおすすめです。コンビニのプリンターはネットプリントに対応しているものが多く、データを送信するだけで印刷できるので、非常に便利です。

    【まとめ】就活の履歴書のサイズはB5かA4!履歴書の中身も大切

    最後にこの記事のポイントをおさらいしましょう。

    • 履歴書のサイズはA4とB5がおすすめ
    • 履歴書の種類は自分をアピールできるものを選ぶ
    • 修正した履歴書の提出はNG
    • 履歴書を送る封筒のサイズは角形四号か角形二号のものを選ぶ

    就活で使う履歴書は、サイズ以外に種類や中身にも気を配る必要があります。相手に自分を知ってもらうためにも、自分を最大限にアピールできるものを選びたいものです。このことを意識しながら履歴書を選べば企業側からの印象も良いものになるでしょう。

    以上のポイントを参考にしながら履歴書を選んでくださいね。

    【就活履歴書の関連記事】
    就活写真に最適な表情とは?撮影前に知るべき好印象に写る方法を解説
    就活証明写真の背景は何色にすべき?撮影前に知りたいおすすめ3色

    TOP