就活写真スタジオ

耳にあいている穴はNG?ピアスホールと就活の関係性

就活時はヘアスタイルや服装についての情報はたくさんありますが、ピアスの扱いについてはどうでしょうか。ピアスをしていない人、ピアスホールをあけていない人もいるので、ピアスの扱いは個人の判断に委ねられがちです。

就活時のピアスについて、正しい知識を身につけて身だしなみを整えましょう。

1.服装自由の面接でもピアスはマイナス評価

服装自由の面接なのだから、ピアスの穴があいていても問題ないだろうと思うかもしれません。ですが、実際には服装自由での面接でも、ピアスホールに対してはマイナス評価へとつながってしまいます。ここではその理由を解説します。

面接時はピアスNGが基本

就活の面接時は、基本的にピアスはNGです。ピアスはファッションアイテムであり、おしゃれに見せるために使うものなので仕事には必要ありませんし、スーツのときに身につけておくべきものでもありません。

面接では「この人に仕事を任せられるかどうか」を判断する場ですから、ピアスはどちらかというと逆効果です。マイナスイメージを与える可能性もあるので、面接のときはピアスをつけずに臨んでください。

服装自由ならピアスOK?!

最近は私服でお越しくださいという企業も増えましたが、目的はあくまでも面接です。私服面接でも見られるところは同じですから、ピアスはつけないほうが無難といえます。

面接官によっては気にしない場合もありますが、それは面接前に判断ができませんので、やはりピアスはつけずに行きましょう。

面接以外の場所、例えば就活セミナーや説明会といった場でもピアスはNGが基本です。新卒以外の転職活動の場合でもピアスOKの場は少ないですから、「つけない」を基本にしてください。

面接官の印象が大切!

身だしなみをチェックするときは「自分が面接官だったらどう思うか」を考えるとよいでしょう。面接官は一人ではありません。「こんな面接官だったら?」「堅い職業の面接官は?」など、事前のシミュレーションが大切です。

銀行や公務員は特に身だしなみに厳しいですし、第一印象が悪いと不利になることも大いに考えられます。「お客様の前に立っても差し支えない人物なのか」という客観的な目で自分を見つめてみてください。

大学生の場合は、社会人経験のある先輩や知人にお願いして、自分をチェックしてもらうとよいでしょう。

2.就職活動ではピアスホールも隠すべき

就職活動ではピアスをつけないだけでなく、ピアスホールも隠すべきです。どうしてなのか、その理由について詳しく見ていきます。

堅い業界はピアスNG

上述したように、堅い職業では入社後もピアス禁止の職場が多いため、当然ながら就活でもピアスはNGです。おしゃれ感は就活の身だしなみに必要ないので、ネックレスや指輪といったファッションアイテムも外しておきましょう。

また、堅い職業ではないですが、エアライン(航空会社)、特にCA(キャビンアテンダント)はピアスNGです。業務に接客業の側面がありますし、動き回ることも多いので、落としたりすると仕事に影響が出ることも考えられます。

堅い職業ではピアスホールもチェックされる可能性があります。女性も男性も面接時はピアスホールを必ず隠し、面接官に見られないようにしておきましょう。

ピアスホールはファンデーションで隠す!

ピアスホールを隠すときはファンデーションを使うのが一番確実です。透明なピアスで隠す人もいますが、それは逆に目立ってしまう可能性も。穴を埋めるようにファンデーションを塗れば、簡単に隠せます。

2つ以上ピアスホールをあけている場合は、ひとつひとつ丁寧に隠してください。鏡を見ながらファンデーションを塗らないと確実に隠せませんので要注意です。軟骨部分に穴をあけている場合も隠し方は同じです。

穴が大きな跡になっている場合は隠すのが大変ですが、ファンデーションを埋め込んで塞ぐようにすると隠すことができます。

男性はメンズ専用のファンデーションを利用して丁寧に隠してください。

証明写真を撮るときも注意!

ピアスホールは履歴書用の証明写真を撮るときも隠しておいてください。写真には意外とピアスホールが写ってしまいます。書類選考がある場合は写真の印象がとても大切なので、上述したような堅い職業を志望している人は特に注意が必要です。

もちろん、ピアスそのものをうっかりつけないように気をつけましょう。透明なピアスでもNGですし、パールやゴールドのワンポイントピアスも避けましょう。

3.就活で身だしなみとおしゃれを勘違いしている学生が多い

就活シーンで身だしなみとおしゃれを同じように認識してしまっている学生がたくさん見受けられます。身だしなみとおしゃれはどのように違うのでしょうか。

就活で大切なのは「身だしなみ」

就活で大切なのは、あくまでも身だしなみですので、おしゃれな要素は必要ありません。アパレルや美容師といったファッションに関わる職業でも、面接ではおしゃれであることは求められていません。

入社後はピアスOKだとしても、面接では必ず外してください。また、ピアス以外の部分にもしっかりと気配りを。

男性は特にヒゲにも注意が必要です。ヒゲもピアスと同じように、入社後OKでも面接はNGという原則を守っておいたほうが無難です。

相手に清潔感のある印象を与えられるように意識しよう

面接では清潔感を感じてもらうことが大切なので、男子学生はヒゲをそってヘアスタイルを整え、女子学生は髪をまとめ、すっきりとした印象になるよう整えましょう。就活は学生にとって初めての経験ですから、身だしなみの整え方もわからないはずです。

そんな時は就活用のセミナーや就職説明会、メイク方法を教えてくれる場所を探して事前に練習しておきましょう。特に銀行や金融など堅い職業は男女ともに厳しく見られる可能性が高いです。

第一印象が大切だということを肝に銘じて、他の人にもチェックしてもらいながら面接スタイルを決めていってください。

常に面接官の立場で自分をチェック!

面接官は一人ではありませんから、さまざまな考え方の人がいることを踏まえ、常に自分を客観的な目でチェックしなければなりません。

「今の私に好印象を持ってもらえるだろうか」「自分が面接官なら自分に仕事を任せられるか」そんな視点でチェックしてみてください。

ピアスホールは身だしなみの一部分にすぎません。あくまでも身だしなみを整える一環としてピアスを意識し、必要であれば穴をファンデーションで隠してください。

4.ピアスは基本NG!ピアスホールもしっかり隠して

おしゃれな人は日常的にピアスをしている人もいますが、面接のときは印象が悪くなり不利になることもあるので、必ずピアスを外してください。そして念のためにピアスホールもしっかり隠しておきましょう。

業界によってピアスホールOKの場合もありますが、それは事前にわかりません。

あいまいな情報に振り回されず、確実に好印象を持たれる清潔感を意識したスタイルで面接に臨んでください。

TOP