就活スタートガイド

就活中のピアスはNG!|マイナス評価を避けるピアスの隠し方6選

「就活の時ピアスってどうすれば良いの?」
「ピアスホールも塞がなきゃだめ?できれば塞ぎたくないな…」

大学生になり、おしゃれのためにピアスを開けている人も多いのではないでしょうか。

でもいざ就活ってなるとピアスはどうすればいいのかな?ホールまで塞がなきゃだめなの?と悩む方も多いと思います。

ここでは、就活の際ピアスに関する注意点やピアスホールを隠す方法を詳しく説明していきます。

就活にピアス着用がNGな本当の理由

女 ×
ピアスはおしゃれの一環であるため、ピアス=不真面目というイメージは何となく皆さんの中にあるのではないでしょうか。そのため、常識的にピアスは就活の時には外さなければいけないと知っている方はも多いと思います。

今回はどうして就活の時にピアスを着用してはいけないのか、その本当の理由を説明していきたいと思います。

意外と知らない理由!【平等に見れなくなってしまうから】

就活の面接
就活では、ピアスといったアクセサリー類の着用がNGとされています。なぜだめなのでしょうか?

その理由は二つあり、一つ目はアクセサリーはおしゃれのためにあるからです。そのことは皆さん知っているのではないでしょうか。

もう一つの理由として意外と知られていないのが、面接官が就活生を平等に判断したいという気持ちによるものです。

就活で重視されているのは、その人物がどんな人なのかという本質的なものです。そのため、アクセサリーや華美なメイクをしていると平等に見ることができず、面接官は判断に困ってしまいます。

就活の時はリクルートスーツと決まっているのも、服装を統一して就活生を平等に見るためといった理由も実はあるのです。

一般的にピアスは面接の時はもちろんのこと、会社説明会や就活用証明写真撮影の時も必ず外すようにしましょう。

一部例外として、個性を求められるアパレル業界では、自分らしさを表現する手段としてアクセサリーを用いることも認められているところもあるようです。

   

ピアスホールはそのままではだめ?

ピアスについて迷う女性

片耳一つずつであればピアス跡は気にしなくてOK

ピアスを外してもピアス穴は残ってしまいます。「ピアス穴があるだけでもよく思われないの?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、片耳一つずつ開いているだけであればピアス穴は気にしなくて大丈夫です!

そうはいっても不安に感じている方へその理由をしっかり説明していきます。

〇面接官の実際の声を聞いてみました!

「就活生のピアス穴までチェックしてましたか?」
「全くといっていいほど見てないです」

流石に大ぶりのピアスを堂々と付けていれば、常識はずれだと思うが、ピアスをしっかり外していればホール穴まで目にいかないそうです。

ピアスの跡が残っているかいないかで合否に関わることはないそうなので安心してください。

ピアス穴を隠さなければならないのはこんな人

先ほど、ピアス穴は目立たない程度であれば隠さなくても大丈夫とお伝えしましたが、ピアスホールをしっかり隠す必要がある人もいます。順に説明していきたいと思います。

1.「堅い」業界を目指している人

公務員、銀行・保険・証券などの金融業界や、航空会社などがいわゆるお堅い業界と言われるものです。

そういった業種では、きちんと感が求められるため、ピアス穴をは隠しておいた方が良いといえます。

自分の志望する業種に合わせて身だしなみも整えるようにしましょう。

また、こういった職業は、一般的な企業と比べて、入社後もピアス禁止の職場が多いのです。ピアスホールはすぐに塞がらないため、いち早くピアスをとっておくことをおすすめします。

2.ピアス穴が多い人

ピアス穴が多いと、遊び人だと勝手に思われてしまいがちです。

採用担当者に
「ピアス穴の跡がいっぱい開いている就活生を見るとどう思うか?」と聞いてみると、
「学生時代遊んでたんだなと勝手に想像してしまうかも」と話していました。

そのことが合否に関わることは少ないですが、誤ったイメージを持たれてしまうかもしれないので、ピアス穴が多い人はなるべく隠すように心がけましょう。

3.ピアス穴が拡張してしまった人

拡張してしまった穴は、大きいため目に付くし、なんだか清潔感がないと思われてしまうので隠すようにしましょう。

就活前に拡張していることに気づいたら、プライベートでもピアスを付けること休み、穴がこれ以上広がってしまうのを防ぎましょう。

4.男性

昔はピアスを開ける男性は少なく、男性のピアスは一般的にも浸透されていませんでしたが、最近では男性でもピアスを楽しむ人が増えてきました。

女性の就活生は、ピアス穴についてあまり気にされないという傾向がありますが、男性の就活生の場合、企業によって対応が変わってくることを頭に入れておきましょう。

男性のピアスは面接官の年齢の人にまだまだ理解されていません。

男性の場合は特にピアスをしているだけで遊び人という悪い印象をつけられてしまいそうです。

そのため就活の際、男性は必ずピアスを外した方が良いでしょう。

ピアスホールを目立たなくさせる方法

方法を説明する女性ピアスを外してもピアス穴は残ってしまいますよね。ピアス穴はどうしたらいいのでしょうか?

「就活が終わったらまたピアスを着けたいからできれば穴を塞ぎたくない…」と思っている方も多いはず。

ここでは、ピアスホールを閉じなくとも、ピアス穴を目立たなくさせる方法を紹介したいと思います。

透明ピアス

特別大きめのピアスホールを目立たなくするのにおすすめなのが、透明ピアスです。

透明ピアスをつけると、遠目から見た時に穴が開いているのが分からなくなります。

また、ピアスホールが閉じてしまうことを防いでくれるのでくれるので、就活が終わった後もピアスを楽しむことができるという利点があります。

ファンデーション

パウダーファンデーション
大きな穴でなければ、自分の肌にあったファンデーションをホール部分に塗り、軽く粉をはたいて馴らすことで、目立たなくさせることができます。

コンシーラー

ファンデーションでは隠せない大きさになっている場合、コンシーラーを使いましょう。

コンシーラーを穴の内側に塗ることで埋め込む方法です。

ファンデーションテープ

ファンデーションテープってなに?と思った方も多いのではないでしょうか。なかなか聞き覚えのないファンデーションテープですが、実はすごいアイテムなんです。

傷跡やタトゥーの跡を消すために使われる医療用に開発されたもので、最近使用する人が増えてきました。

ファンデーションシールを穴の大きさに合わせて切り、上から貼るだけで簡単に隠すことができます。

ドラックストアやネットで販売されていることが多く、今では百円ショップでも売られているみたいです。気になった方は、試しに買ってみるといいでしょう。

絆創膏やテーピング

先ほど紹介したファンデーションシールを持っていない方は、絆創膏やテーピングでも代用できます。

ただ、絆創膏は剥がれやすく、両耳に使うと不自然になってしまうのであまりおすすめできません。

リップ

意外と知られていないのが、透明のリップクリームをピアスホールに埋め込む方法です。

保湿のためにリップを持ち歩いている人は、そのまま使えるので簡単です。

髪の毛で隠すのは…NG!

耳は髪の毛で隠してしまえば見えないのでは?と考える人もいるかもしれませんがそれはNGです。

就活の髪型はすっきりした耳を見せる髪型でなければならないため、髪の毛で耳を隠すことはできません。

先ほど紹介した方法でリップ穴を工夫して隠すようにしましょう。

ピアス穴を完全に塞ぎたいと考えてる人へ

ポイント説明する女の人
「もう社会人になるから就活を機にピアスを塞いでしまおう!」と考えている方もいるのではないでしょうか。

また先ほど紹介したお堅い業種を志望している人は「ピアス穴を塞がなきゃな」と覚悟を決めているのではないのでしょうか。

ここでは、塞ぎ方からピアスの跡が消えるまでの期間、注意点まで説明していきます。

塞ぎ方

ピアス穴の塞ぎ方は2つあります。順番に紹介していきます。

1、自然に塞がるのを待つ

ピアスホールはピアスをせずに放置しておくとだんだん小さくなります。

費用もかからず、放置しておくだけなので楽ですが、しこりができてしまってきれいに閉じなかったという場合も考えられます。

自然治癒を目指す場合は、定期的に消毒をしてホール部分を清潔に保つよう心がけましょう。

2、病院で塞いでもらう

大きい穴や、化膿してしまった場合、皮膚科や整形外科で穴閉じの手術をしてもらうのがおすすめです。

この方法だと、確実にきれいに穴を塞ぐことができます。

しかしデメリットとして、費用が高くつくことが挙げられます。手術費用は約5万円から10万円程度かかるといわれいます。学生にはなかなか届きにくい金額なので、悩みますよね。

他の提案もしてもらえるかもしれないので、もしピアスホールが拡張してしまった場合は早めに病院に相談しましょう。

期間

ピアスホールが完全に塞がるようになる時期ですが、それは個人差があります。

期間を左右する要因は、ホールが開いていた期間と、つけていたピアスの大きさです。

ピアスを着けていた期間が長ければ長いほど跡が残りやすくなるのです。反対に、開けてすぐ閉じれば開いていたことが分からない程、きれいに跡が消えます。

面接官が本当に見ているのは部分ではなく全体!

面接風景先ほども書いたように、ピアスホールについて神経質になる企業はほとんどありません。

つまり、面接官はピアス穴といった「部分的」なところまで気にしていないのです。

大事なのはその人物がどんな人かという「全体的」な自分の印象です。

今回インタビューした採用担当の方は、相手がどんな人か一言話しただけで、更に言うとお茶を出しただけでわかると話していました。

人は第一印象で決まるとよく言われていますが、本当なのかもしれません。

もちろん細かいところまで気にするのも大事なことですが、自分の魅力を最大限アピールできるように自分を大きな視点で、客観的に見ることを心がけましょう。

この記事を読んで、ピアスに関する悩みはなくなったでしょうか?

正しい情報を知り、自信を持って就活に臨みましょう!

TOP