就活写真スタジオ

リクルートスーツに合わせる男性就活生にぴったりな靴を紹介

就活のためにこだわってリクルートスーツを選び、合わせるネクタイやシャツもセレクトしたところで、足元をどうするべきかという問題に直面することも少なくありません。

ここでは、就活にぴったりな黒の内羽根・ストレートチップの革靴についてご紹介します。

1.男性就活生が履く革靴は『黒の内羽根のストレートチップ』がベスト

就活をするときには、スーツやシャツ、ネクタイなどを買い揃えなければならないので出費がかさみます。

衣類を整えるときにスーツはそこそこのブランドものを買っても、よい靴を買うお金が残っていないという人も多いかもしれませんが、実は面接官は相手の足元にも注目しているのです。

そのため、靴にはそれなりに気を使わなければならないのが現実です。男性用の靴にはさまざまなデザインのものがありますが、就活生であればやはり黒の革靴、しかも内羽根のストレートチップがベストです。

2.男性就活生が履く革靴はなぜ黒がよいのか

男性用の革靴には、ブラック、ブラウンなど、バリエーションこそあるわけではありませんが、カラーの選択肢は存在します。では、なぜリクルートでは黒色のものがよいのでしょうか。ここではその理由についてお伝えします。

きちんとした靴は面接に有利

企業は面接で就活生の言葉遣いや能力、対応の仕方、人柄を重視すると共に身だしなみもかなり厳しくチェックします。「能力とやる気さえあればだいじょうぶ」という考え方は通用しないことを頭に入れておきましょう。

面接当日、足元まで気配りの行き届いた姿でおもむけば面接官も「この人はどこに出しても恥ずかしくない」と判断しますから、ボサボサの髪にスニーカーより断然有利なのは当然のことです。

素材は黒の革がベスト

面接に履く靴は何といっても黒の革靴がおすすめです。たまに、面接に明るい茶色の革靴を履いていく人がいますが、アパレルメーカーの面接でトレンドを追っているのでもない限り、黒以外の色はやけに目立って浮いてしまうので避けたほうが無難です。

合成皮革も安っぽく見えてしまうので、ちょっとお値段が張っても本革の靴を一足そろえるのがベストです。

本革は磨けば磨くほど独特の光沢が出ますから、しっかりと手入れした黒靴を履いていけば面接官も「この人は身だしなみが行き届いている」と評価してくれるはずです。

冠婚葬祭にも活用できる

黒の革靴は就活以外に冠婚葬祭の場でも必須アイテムですから、できるだけよいものを選んでおけば数年は保ちます。何回も履けることを考えればそれほど高い買い物ではないでしょう。

3.男性就活生が履く革靴はなぜ内羽根のストレートチップがよいのか

どうして男性就活生は、内羽根のストレートチップの革靴がよいのでしょうか。ここではその理由について見ていきます。

就活には紐のついたレースアップシューズがおすすめ

男性就活生といえばやはり紐のついたデザインの「レースアップシューズ」がベストです。

紐で結ばないモンクストラップタイプもありますが、面接官の中にはモンクストラップの靴を履いていくと「足元がだらしない」と評価する人もいますので、無難なレースアップシューズを選びましょう。

紐革靴にはいくつかの種類がありますが、就活で最も推奨されているのは内羽根のストレートチップモデルです。

内羽根と外羽根の違い

紐を通す部分「シューレースホール」は比翼に似ているため、一般に「羽根」と呼ばれています。この羽根はさらに「内羽根」と「外羽根」の2種類があります。

外羽根のほうはシューレースホールが甲の部分にかぶさるようにできているためデザイン的に凸凹が多く、カジュアルな印象が強くなります。軍隊用の靴もこの外羽根タイプですが、スーツにはあまり向いていません。

一方の内羽根タイプは甲の部分とシューレースホールが一体となっているためにデザインもすっきりとしており、フォーマルシーンには最適です。

つま先のデザインにはどんなものがあるか

レースアップシューズではつま先のデザインも「ストレートチップ」「プレーントゥ」「ウィングチップ」「スワロートゥ」「Uチップ」などいくつか種類があります。

就活でイチオシなのはストレートチップです。つま先部分に横一文字のステッチが入っており、履くときりっとした印象を与えます。

ステッチがつま先部分に入っていないプレーントゥもおすすめですが、アクセントがなくちょっとのっぺりした印象を受けます。

ウィングチップはつま先の部分にW形の切り替えがあり、メダリオンという小さな穴で装飾が施されていて華やかなため、パーティーなどには向いていますが就活ではやめておくべきです。

スワロートゥはつま先に縦に2本のラインが入っているもの、Uチップは文字通りU型のラインが入っており、完全にフォーマルとはいえませんが面接に履いていってもかまいません。

4.どんな靴を履くかより手入れされているかどうかを見られている

どんな靴を選ぶにせよ、前日によく磨いておくことが大切なことはいうまでもありません。いくら値段の高い内羽根のストレートチップの靴を履いていっても、汚れが目立つのではビジネスマンとしての将来は暗いと判断されてしまいます。

面接当日に新調するのも悪くありませんが、新しい靴は靴ずれしやすく、それだけで精神的に圧迫されるので2、3日履き慣らしてから磨き上げて面接に臨むのが理想的です。

5.就活を成功させるためにも靴には手を抜かない

就活で成功するかどうかで一生の進路が決まってくるといっても過言ではありません。そのため服装はもとより、足先の靴まで万全に整えておくことが大事です。

男性用の革靴は決して安価なものではありませんが、将来のための必要な出費であることは、よく理解しておくべきです。

TOP