就活写真スタジオ

就活で選ぶべきコートの色とおすすめ就活コーディネート

就活をする際にコートにまで注意を払っている人は少なく、男女共にいざ就活を行うときになってコートの色やデザインで悩む人が多いようです。

これから就活を行うときに向いているコートの選び方などについて解説していきます。

1.女性が就活で着用するコートのおすすめの色

就活女性が着用するコートの色は、スーツに合わせてビジネス向きの落ち着いた色合いを選びます。

ピンクや赤のような派手で個性的なものはビジネスの場にふさわしくないものとして相手に悪い印象を与えることがあり、証明写真機で撮影するときも見栄えが悪いです。

履歴書用の写真はなるべくならフォトスタジオで、コートを脱いだ状態で撮影することをおすすめします。

女性が就活で着用するコートの色1:ブラック

企業の説明会や面接のときに落ち着いたよい印象を与えたいのなら、ブラックのコートがおすすめです。

ただし、リクルートスーツもブラックの場合は重くなりすぎることがあるので、紺色やグレーのリクルートスーツに合わせたほうが相手にすっきりとした印象を与えます。

女性が就活で着用するコートの色2:紺色

華やかなイメージのある美容やブライダル業界、広告業などの企業の説明会や面接には、紺色のコートがおすすめです。白いシャツとの相性がよく、きっちりとした印象とともにあか抜けた印象を相手に与えます。

女性が就活で着用するコートの色3:ベージュ

就活女性が着用するコートの色の定番はベージュです。ただ一口にベージュといっても、色の濃淡で相手への印象が変わります。リクルートスーツに合わせて、明るすぎない色合いのものを選ぶのがポイントです。

2.女性が就活で着用するコートのおすすめの形

女性が就活で着用するコートには定番ともいえるおすすめの形がありますが、ダウンコートやラップコートはカジュアルさが強いので就活には向いていません。

おすすめのコートの形1:トレンチコート

トレンチコートは男女とも就活では定番のコートとなっています。肩やウエスト部分にベルトが付いていますが、カッチリとした印象を相手に与えますし、流行に左右されないのでリクルートスーツにピッタリのコートです。

おすすめのコートの形2:ステンカラーコート

折り返しになっている襟は後ろが少し高くなっています。トレンチコートやチェスターコートと比べると、飾りが少ないシンプルなもので、リクルートスーツによく合うデザインのコートです。

おすすめのコートの形3:チェスターコート

チェスターコートもトレンチコート同様に、メンズ・レディースとも人気のあるデザインのコートです。肩か胸の下あたりまである大きな襟が特徴的で、背広を伸ばして膝丈にしたような感じになっています。

3.リクルートスーツに合わせるコート選びのポイント【女性版】

就活に使うコートですが、あらかじめコートの裏に脱着可能なライナー付きのものを選ぶと、わざわざ春のコートを別で購入する必要がなくなります。

また、スーツと同じように、コートも防しわ・防水加工が施されているものを選びましょう。防水加工や防しわ加工があれば、毎日のコートの手入れも簡単です。

素材はなるべく光沢のない、ナイロンやウールのものを選びます。このほかに女性が就活用のコートを選ぶときのポイントは3つあります。

【女性版】コート選びのポイント1:コートの丈は膝上がベスト

リクルートスーツのジャケットのすそがコートから見えていると、見た目が悪く相手にもちぐはぐで場にそぐわない印象を与えてしまうので、膝上丈のコートを選ぶようにします。

【女性版】コート選びのポイント2:ファー付きのコートは避ける

女性のコートのデザインでは、袖やフードにファーが付いたものが多いですが、ファーが付いているだけで華やかになりすぎてしまい、カジュアルな印象を相手に与える可能性があります。

取り外しが可能なら就活のときにはファーを外すか、最初からファーの付いていないコートを選びましょう。

【女性版】コート選びのポイント3:袖や肩など腕回りに余裕のあるものを選ぶ

肩や袖など腕回りに余裕のないコートを選んでしまうと、リクルートスーツが引っ掛かって脱着に手間取ってしまい、相手を待たせてしまう場合がありますので、コートを選ぶときは腕回りに余裕のあるものを選びます。

4.リクルートスーツに合わせるコート選びのポイント【男性版】

男性が就活用のコートを選ぶ場合も、女性と同じようにライナー付きで取り外しのきくものや、防水・防しわ加工のあるコートを選ぶことで余計な出費を抑え、普段のコートの手入れを楽にすることができます。

それ以外にも男性のコート選びで3つ注意したいポイントがあります。

【男性版】コート選びのポイント1:ダウンジャケットは選ばない

就活用のコートを選ぶときも、リクルートスーツに合わせるのが大前提です。ダウンジャケットは色的にはOKでも、デザインがカジュアルすぎるため就活には向いていないので選ばないようにしましょう。

【男性版】コート選びのポイント2:スーツのジャケットよりも長めのものを選ぶ

男性が就活に使用するコートは、ジャケットよりも少し丈が長めのコートがおすすめです。コートのすそからジャケットが見えているとだらしなさを感じる人もいるので注意しましょう。

【男性版】コート選びのポイント3:トレンチコートは膝上丈のものにする

リクルートスーツによく合うトレンチコート・チェスターコートは膝上が程よい丈です。それ以上丈が長いものになると「コートに着られている」印象が強くなってしまうので、試着してから購入することをおすすめします。

5.リクルートスーツとコートの着こなし

就活ではリクルートスーツに合うコートを着用しますが、着こなし方も就活にふさわしいとされるものがあります。就活中の服装は地味な色合いになりがちですが、小物との組み合わせでおしゃれを楽しむことができます。

コートのボタンの留め方

男女共に、コートのボタンを留めるときは一番下のボタンを留めません。これはなぜかというと、コートでもスーツと同じ着こなしをするのが一般的とみなされているため、男性の場合は一番下のボタンを外します。

チェスターコートの場合は、ボタンを留めると見た目が雨合羽のようなものになるので、ボタンは開けておくのが一般的です。

トレンチコートのベルトの扱い

ボタンを開けるときはベルトを後ろでしっかりと結びます。ベルトを後ろで結ぶときは、ベルトがたるんでだらしない結び方にならないように注意する必要があります。ボタンを留めるときは、身体の左側でベルトをしっかりと結びます。

小物の色使いは男女で異なる

冬は手袋やマフラーなどを身に着けますが、男性の場合は小物類の色をリクルートスーツやコートと同系色でまとめると、統一感のある落ち着いた印象を作ることができます。

女性の場合は男性とは逆で、小物の色はコートとは逆の色合いを使うのがおすすめです。 コートと逆の色合いを使うことで、女性らしい印象を相手に与えることができます。

6.就活用のコートはビジネスシーンにふさわしいものを選ぼう

就活用のコートは、男女共にリクルートスーツの色に合わせたシンプルなデザインで、ビジネスシーンにふさわしいものを選ぶようにしましょう。

機能性があり防水・防しわ加工が施されているものだと手入れがしやすく、マフラーや手袋といった小物類は男女で色の選び方などが変わってくるので、コートを購入する際に着こなしを考えておいたほうが、あとから小物類を購入しやすいです。

TOP