就活スタートガイド

就活カバンはこう選ぶ!おすすめ5選とチェックポイント解説

「就活用のカバンを買わなきゃだけど、どんなものがいいかな…」
「面接官に変だと思われない、一般的なカバンって?」

就活が始まるとなると、揃えなければいけないものの一つにバッグがありますよね。だけど、どんなものを選んだらいいのだろうと悩みますよね。

また、「大学入学前にリクルートスーツと一緒にカバンも買っちゃったけど、これで乗り切れるかな?」と悩む就活生も意外と多いのではないでしょうか。

今回は、就活用のカバンを選ぶ際のポイントと就活にぴったりなオススメのカバンを紹介していきます。

そもそも就活カバンは面接官に見られている?

考える就活生女性

身だしなみの一環として見られています

人は見た目で5割以上第一印象を決めると言われているように、就活の際に身だしなみを整えることは非常に重要になってきます。

企業の中には、面接の時「カバンは、控室に置いてください」と言われるところもあります。
しかし、カバンを持ってそのまま面接をしたり、OB訪問の時など、就活の時には必ずといっていい程カバンを人に見られる機会は訪れます。

油断していたその時に、ヨレヨレのカバンで登場したら相手側にどう思われるでしょうか?

当然、だらしない人と思われてしまい、いくら熱意があって能力が高い人だとしても、見た目で悪い印象を与えてしまう…なんてことになってしまいます。

就活では靴やスーツ、時計だけではなく、実際に使うカバンも気を抜かずに選ぶ方が自然と良い結果へつながります。

次に紹介する就活カバンの選び方を知って、自分に合った最適のカバンを見つけましょう。

これだけは外せない!失敗しない就活カバンの選び方

ポイント説明する女性

何色がいいの?

就活カバンに適したカバンは黒と言われており、就活生の大半は黒のカバンを購入しています。

黒色は、一般的にフォーマルな色とされています。またリクルートスーツや靴がダークカラーであることが多いため、それに合わせて黒を選ぶのが良いでしょう。

中には黒に近い色である茶色系のカバンを購入しようとしている人もいるかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。

その理由は、茶色は「不景気の色」と言われ、役員や部長クラスの年代の方には受けが悪い場合があるからです。

就活はビジネスと同じ扱いになるため、一般常識のあるものを選ぶのが大切です。

就活カバンは、無難な黒を買えば間違いないと言えます。

デザインはどんなものがいいの?

男性はハンドバッグ、女性はショルダーバッグを!

就活はオフィスに出勤するのと変わりません。したがって、面接官に不快感を与えてしまう、誠実さが感じられない、ビジネスにふさわしくないと思われるようなデザインのカバンは就活には向いていません。

就活カバンのデザインはシンプルなもので、男性ならハンドバッグタイプ(手で持つタイプ)、女性ならショルダーバッグタイプ(肩に掛けるタイプ)を選ぶようにしましょう

入学時に買ったものでも問題はない!

大学入学時に買ったものでも、シンプルなデザインで少し模様やロゴが入っている程度のものであれば、それを使いまわしても問題はありません。

しかし、汚れてしまっていたり、時間が経ってヨレヨレになってしまったりしているものは改めて買い直しをする方が良いでしょう。

どんな素材がいいの?

就活用のカバンは丈夫なナイロン系の素材や革素材を使ったものが一般的です。
特におすすめなのは、ナイロン素材のものです。ナイロン素材のものは、安くて耐久性に優れている上に、軽いからです。

また突然雨が降ってきても、カバンの中の大事な書類やパソコンが濡れることを防止してくれる撥水加工がされているものを選ぶと安心です。

「すごく時間をかけて作ったエントリーシートや履歴書が濡れて台無しになってしまったら…」と考えると恐ろしいですよね。

実際に就活生に聞いた!あると便利な機能性4つ

日傘と鞄
就活カバンはエントリーシートや履歴書、スケジュール帳や筆記用、人によってはノートパソコンといったように様々なものを収容できるものでなければなりません。

先ほども紹介しましたが、突然の雨にも対応できる撥水機能のついているものや、長期間つかっているとカバンに雨や食べ物のニオイがついてしまうことがあるので、防臭加工があると更に良いです。

撥水・防臭加工以外にも就活カバンは機能面で4つほどチェックしておいた方が良いポイントがあります。順番に紹介していきます。

また、就活が終わった学生に実際にインタビューを行いました。就活生のリアルな声をお届けするのでぜひ参考にしてみてください!

1 床に置いた時に倒れないもの

就活の面接の際や、企業説明会などでカバンを床に置く機会が多くなります。その際にカバンがヨレっとしてしまい、カバンが倒れてしまうととても見栄えが悪く、面接官にも悪い印象を与えてしまいます。

19年卒 21歳 女子学生 Aさん

床に置いても自立できるタイプを選んだので、カバンが汚れにくく、書類も取りやすくなりとても便利でした。私はカバンを買う際に、カバンに自立性があるかどうかを一番注意して選びました。

2 ポケットの多いもの

就活では、スマホや印鑑、就活用証明写真といった細々したものを持ち歩くことが多いです。その時にポケットがついていると、整理整頓でき、なくしてしまう心配がなくなります。

19年卒 22歳 女子学生 Bさん

外ポケットがついているものだと、定期を入れたり、企業説明会の時に情報を聞き逃さないようにするためのボイスレコーダーを入れたりできるのでとても便利でした。就活では、予想以上に持ち歩かなければいけない荷物があります。ポケットが多いものを選ぶのに越したことはないです。

3 A4サイズの書類やパソコンが入るサイズのもの

会社の説明会や面接の際に配られる書類のサイズは、A4であることが多いです。貴重な資料を折り曲げないためにも、A4サイズの書類が入るものを選びましょう。

19年 21歳 男子学生 Cさん

就活カバンを買ったあとに、パソコンが入らないことに気がつきました。僕はとても後悔したので、そうならないためにも就活カバンを買う前に一度、自分のパソコンが入るサイズであるのか確認した方が良いです。

4 ファスナータイプのもの

意外と見落としがちですが、 カバンを閉じる方法も確認しておきましょう。

オススメしたいのは、ファスナー式のものです。ファスナー式であれば多少の雨であればカバンの中が濡れることもなく、中身が突然飛び出してしまうということも防ぐことができます。

マジックテープ式はだめなの?と思った方もいると思いますが、マジックテープ式はオススメできません。その理由についてはこの後説明していきたいと思います。

これはNG!就活に適さないカバン

就活中の女性(NG)
今までは就活カバンに適したものについて紹介しましたが、ここでは逆にこれを持っていったらマイナスなイメージを与えてしまう就活に適さないカバンを紹介していきます。

ここに書いてあるようなカバンは絶対避けるようにしましょう。

リュックタイプのもの

最近流行りのリュックタイプのビジネスバッグは避けましょう。

理由としては、あくまで流行であり一般的に浸透していないため、悪目立ちする可能性があるからです。

また、リュックサックはカジュアルなイメージを与えてしまうので、就活には不向きです。

ハイブランドのもの

大きくロゴや柄が入っているなど、一目見てハイブランドと分かるようなものは絶対に避けた方が良いです。

理由としては、社会の暗黙のルールでは、目上の人より高いものを持つのはあまり良くない傾向にあるからです。

ハイブランドを持っている就活生は生意気だなんて面接官に思われてしまうかもしれません。

逆に、ブランドのものでもシンプルなデザインのため、一目見てハイブランドであると分からないものであれば問題ないと言えるでしょう。

マジックテープタイプのもの

先ほど就活バッグは、ファスナータイプのものが良いと書きましたが、マジックテープタイプではなぜダメなのか、その理由を説明したいと思います

マジックテープタイプのものはカバンを開くときに、いちいちビリビリと音が鳴ってしまい静かな面接会場で目立ってしまうかもしれません。

また、雨が降った時に、しっかり閉まらず、中の貴重な資料が濡れてしまうといった欠点があります。

そのため、マジックテープタイプは避けた方が良いと言えるでしょう。

就活バッグの相場とは?

ポイント説明する女の人

ズバリ5000円程度であれば問題ない

就活バッグといってもピンからキリまであります。いくらぐらいを買ったらいいの?と悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか。

ズバリお答えします。就活用のバッグは、5000円程度であれば問題ないです!

あんまり安すぎても、粗末で安っぽく見えてしまうものが多く、先ほど話した就活カバンを選ぶポイントを満たさないものが自然と多くなってしまうからです。

また、「社会人になっても使えるような、そこそこ値の張る質の良いビジネスバッグを買った方がいいのかな?」と考えている就活生もいるかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。

理由としては、就活用のカバンは毎日のように使うため、就活が終わるとかなりボロボロになってしまうことが多く、また実際に就いた職種によって必要となるカバンの条件が変わってしまうからです。

就活カバンは様々な種類がありますが、安すぎず高すぎずの値段で買える商品を買えば間違いないでしょう。

【チェックリスト】鞄を購入する前に確認しよう!

  • 色は黒が確実
  • A4サイズの書類やパソコンが入るもの
  • ナイロン素材が役に立つ
  • ポケットが多いもの
  • ファスナータイプのもの
  • 撥水加工、防臭加工のもの

【男性用&女性用】おすすめの就活カバン5選

最後に、実際におすすめの就活バッグについて見ていきましょう。多くのメーカーから就職活動用のかばんが販売されていますが、その中でも特におすすめしたい優れたアイテムを5つ紹介していきます。

オススメの就活カバン1:GATSBY

シンプルなデザインに様々なポケットを備えたビジネスバッグです。

なんといっても値段がお手頃で3000円程度で購入できます。書類とノートパソコンを入れるポケットが分かれているためノートPCを持ち歩く人には非常に便利です。

重量が1.2キロあるため、特に男性におすすめです

オススメの就活カバン2:ROBERT KLEIN

内部に消臭効果のある織ネームが使われています。また、軽量なので女性も使いやすく、男女兼用として使えます。

また、ラウンドファスナーを採用しているため、カバンの両サイドの下までしっかりと開くことができ、書類がとても取りやすい構造になっています。フロントポケットや内ポケットが多いので収納も抜群で、荷物の整理ができます。

値段も4000円程度とお手頃です。

オススメの就活カバン3:COUNTRY FIELD

マイクロファイバーの生地が使われているため、手触りが非常に良く、また撥水効果があります。こちらも男女兼用デザインです。

脱着可能なショルダーベルトがついているので、長時間移動の時も疲れにくくしてくれます。必要のない時は取り外して収納することが可能です。

このように機能性に優れているのにも関わらず、値段は3000円以下とお得です。

オススメの就活カバン4:LA CASETTA

シンプルでおしゃれな、機能性を備えたバッグです。このバッグはレディース用です
収納力に優れており、ノートや手帳、ファイル、ペットボトルや折りたたみ傘を入れても十分に余裕があります。実際に就職した後も、仕事用として使えるデザインです。

価格は5000円前後の製品が人気です。

オススメの就活カバン5:竹八

竹八のリクルートバッグは、一万円前後と今まで紹介してきたものに比べると高めですが、その分マイクロファイバーポリエステルといったナイロンよりも丈夫な素材が使われており、しっかりしているので就活後も仕事用として使用できます。こちらはメンズ用です。

ポケットも多く、収納が楽なため、バッグの中をすっきりとさせることができます。日本製なのもポイントです。

自分の好みに合ったカバンは見つかったでしょうか?

就活カバンを購入する際は今回紹介したポイントを参考にするようにしましょう。

就活の際、長い間ともに過ごすカバンですから、自分好みの使いやすいカバンが見つかるといいですね。

TOP