就活スタートガイド

就活バッグの選び方!5つのチェックポイントとおすすめをご紹介

「就活用のかばんを買わなきゃ」
「どんなかばんを買えばいいの?」

就職活動をするにあたって、揃えないといけないものの1つにカバンがあります。せっかくスーツや髪型を整えても、良い鞄がうまく選べていないともったいないですよね。

今回は、就活でのおすすめのカバンと選び方をご紹介していきます。ばっちり揃えて、自信をもって就活にのぞみましょう。

就活カバンは結構見られている

人の与える第一印象の半分以上は見た目と言われています。就活の会社説明会や、面接でも同様で、見た目次第で採用の可否が少なからず左右されます。もし、私たちが面接で、1人だけ手入れされていないカバンで来ている学生を担当したとしたら面接に集中できませんよね。

例えば、頭髪や衣服(スーツ)の乱れで減点する企業もあるようで、カバンに関しても同様の扱いと言えるでしょう。

また、面接中にカバンから提出書類や筆記用具を取り出しやすいかどうかもカバンの機能によって変わりますし、自立するかも結構大きなポイントです。

就活バッグの選び方をチェック方式で確認していきましょう。

就活カバンの選び方 5つのチェックポイント

就活に向いているカバン選びには、5つのチェックポイントがあります。

です。一つ一つご説明していきます。

何色を買うべき?

就活カバンのカラーは男女共に黒を選ぶ人が大多数を占めています。この理由は、リクルートスーツがダークカラーであることが多いため、スーツに合わせてブラックを選択した結果だといえます。

確かに、黒いカバンは間違いありません。もし、黒以外で選ぶなら、茶色や紺色がよいでしょう。就活はビジネスと同じ扱いになるため、赤や白などの色を選ぶと一般常識がないと判断されてしまいます。

また一般的に就活に向いていない白や赤などの派手な色のカバンでは、真剣に就活に取り組んでいないと思われかねないので、落ち着いた色合いのカバンを選ぶようにすることが大切です。

どんなデザインがいいの?

就活はオフィスに出勤するのと変わりません。したがって、面談相手に不快感を与えてしまう、真剣さが感じられない、ビジネスにふさわしくないと思われるようなデザインのカバンは就活には向いていません。

そのため、ボディバッグやリュックサックなど、カジュアルな印象のデザインは避けるようにするべきです。

大人しいデザインで悪目立ちしないものならブランドのロゴやストライプの入ったカバンでも大丈夫ですが、一般的にはビジネスバッグが常識となっています。

どんな素材がいいの?

就活カバンは就活が長期化することも考え、丈夫なナイロン系の素材や革素材を使ったものが一般的です。持ち歩くことを考えると軽く、突然の雨にも対応できる撥水加工がされているものを選ぶとよいでしょう。

どんな機能があったらいい?

就活カバンは履歴書やスケジュール帳、スマートフォンや筆記用具、場合によってはタブレットやノートパソコンなど、さまざまなものを収容できるものでなければなりません。

突然の雨で中の書類が濡れてしまわないよう、撥水機能のついているもの、長期間使っているとカバンの中に雨や雪などのニオイがついてしまうことがあるので、防臭加工もあるとよいです。

撥水・防臭加工以外にも就活カバンは機能面でも4つほどチェックしておいたほうがよいポイントがあります。順に見てみましょう。

ポイント1: 床に置いたときに倒れにくい

就活のための会社説明会や面談のときには、就活バッグを足元などに置く場合が多くあります。そのため、床に置いても自立できるタイプのバッグなら倒れて汚れる心配がなく便利です。

ポイント2:A4サイズの書類やPCが入る

会社の説明会や面接などで受け取る書類は、A4サイズのものが多いですし、履歴書やファイルなども入れる時のことを考えると、受け取った書類を収納できるサイズの就活バッグを選びましょう。

また、ノートパソコンを活用している就活生も多いです。隙間時間にカフェやファストフード店で、エントリーシートの作成を行うことも多いためです。そのため、普段持ち歩くノートパソコンが入るかどうかもチェックポイントになります。

ポイント3:収納ポケットが多いもの

就活ではスマートフォンや定期、筆記用具など細々としたものを持ち歩きます。印鑑や証明写真など小さなサイズのものをなくさないよう、収納ポケットが多いものを選ぶようにします。

ポイント4:ファスナー式のもの

カバンを閉じる方法もチェックしておくべきポイントです。マジックテープだと雨が降ったときにカバンの中のものが濡れやすいという欠点がありますし、開くたびにビリビリと音がして目立ってしまいます。

また、ちょっとした弾みでカバンの中身が飛び出すことも考えられるので、ファスナー式のものがおすすめです。ファスナー式なら多少の雨では中身が濡れることがなく、もちろんカバンの中身が飛び出す心配がありません。

就活バッグって何円ぐらいなの?

就活カバンはブランドやメーカーにこだわる必要はなく、ノーブランドのものでも問題ありません。安価なものなら1,500円くらいからありますが、機能性が高い高級なものになると20,000円くらいが相場といえるでしょう。

あまりに値段が安い就活カバンは壊れてしまう場合もあるので、予算を考えたうえで、丈夫で収納性に優れたものを選ぶことが大切です。

これらのチェックポイントをもとに、おすすめの就活カバンをご紹介していきます。

おすすめの就活カバン6選

おすすめの就活カバン1:ROBERT KLEIN

ROBERT KLEINのビジネスバッグは男女兼用できるデザインです。軽量なので女性でも持ち歩きやすいといえます。撥水加工・消臭加工が施されているため、雨や雪といった悪天候の日でも安心して使えます。

ラウンドファスナーを採用しているので両サイドの下までしっかりと開くことができ、書類が取り出しやすく、フロントポケットや内ポケットが多いので収納にも優れているのです。

製品によりますが、税込で4,000円程度のものがあるので、就活から就職後までを想定して購入することができます。

おすすめの就活カバン2:竹八 ビジネスバッグ

竹八(タケハチ)のビジネスバッグは、価格は税込10,000円前後と高めですが、就活だけでなく、入社後も使用することができるデザインのメンズ向けビジネスバッグです。

ナイロンよりも上質な素材のマイクロファイバーポリエステルという素材を使っており、日本製なので丈夫ですし、牛革の切り替えがあるのでシンプルながらもオシャレな印象を与えます。

内ポケットもボールペン用のものなど収納が多いため、カバンの中をすっきりとさせることができるでしょう。

おすすめの就活カバン3:LA CASETTA

LA CASETTAのレディース用リクルートカバンは収納力バツグンで、入社後もそのまま仕事用として使うことができます。ノートや手帳、ペットボトルや折り畳み傘などを入れても余裕があるサイズ感です。

ラウンドファスナーを使用しているので、カバンの左右を大きく開くことができ、サイズの大きなものも取り出しやすいのも特徴です。税込5,000円前後という価格の製品が人気を集めています。

おすすめの就活カバン4:GATSBY

このカバンの特徴はコストパフォーマンスとB4対応というサイズ。

書類とPCを入れるポケットが別れている為、PCを持ち歩く人には本当におすすめです。

素材も撥水加工されたポリエステルで丈夫です。重量が1.2kgありますので、男性に特におすすめです。

おすすめの就活カバン5:Over Drive

特徴としてはポケットの数と見た目があげられます。

横に大きなポケットが2つと、外側5つ、内側は4つに分かれており、収納や整理に非常に優れています。また、バッグの幅(マチ)が他のバッグとくらべて6cm程度と薄い為、スマートさを演出できます。

素材はナイロンで、機能に対して730gと軽いので女性にもおすすめです。

おすすめの就活カバン6:ANDY HOWARD

シンプルな無骨な印象のある就活カバンです。

自立しますので面接の際にも倒れる心配はありません。内容量も多いですし、680gと軽いのも特徴。間違いない就活カバンと言えるでしょう。

【まとめ】就活カバンはこうやって選ぶ

この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 就職バッグは見た目が重要。黒、茶、紺色のナイロンか革製のA4サイズの入るビジネスバッグであればひとまずOK。
  • プラスアルファの機能として、自立するか、撥水性があるか、書類、資料を守れるか、収納が多いかを見ておけばなお安心。

就活カバン選びのポイントは、黒系や茶・グレーといった落ち着いた色のシンプルなデザインのもので、A4サイズの書類やノートPCが入るものを選ぶことです。

就活だけと割り切って購入する人が多いですが、入社後も使うことにもなるかもしれないので、チェックポイントを踏まえて自分の好みのものをチョイスしましょう。

TOP