就活スタートガイド

就活にネクタイピンは必要?不安な男性就活生にオススメの付け方とは

「就活の時、スーツのマナーが気になる・・・」
「就活でもスーツを付けるときはネクタイピンが必要なの?」
就活においてスーツの着こなしはとても重要です。

スーツの着こなしを考えた際に、多くの人が一度は「ネクタイピン」の取り扱いについて悩みます。
では実際、スーツを着る際にはネクタイピンを付けなくてはならないのでしょうか?

この記事では就活時におけるネクタイピンの必要性と、その付け方などを簡単に解説していきます。

就活でスーツを着る際にネクタイピンは必要なの?

就活生だけでなく社会人がスーツを着用する際にはネクタイピンは必須のものなのでしょうか?

就活生がネクタイピンを付ける必要あり?なし?

ネクタイピン付けることに関する答えは非常に簡単で

就活時にはネクタイピン必須ではない

が答えになります。

ネクタイピンにはネクタイやジャケットのように必ず必要であるというようなルールはなくあくまで本人の意思と付ける理由が重要です。

付けているからと言って悪い評価になることも、良い評価になるということは基本的にはありません

本人の意思と理由による。ということです。

ネクタイピンを付ける際の主な理由

就活生だけでなく多くの社会人がネクタイピンを主な理由としては以下があります。

  • ネクタイが揺れないようにするため
  • 整ったスーツスタイルとするため
  • おしゃれアイテムとして
  • 他の人のスーツと違いを出すため
  • なんとなくいろんな人が着けているから

このような理由が主な理由でありますが、やはりなんのために付けているのかはきちんと理解する必要があります。

本来、ネクタイピンをつける理由として正しいことは、

  • 挨拶や作業等をする際に邪魔にならないようにするため
  • 整った身なりとするため

本来の目的とは違った用途や理由ではなく、最もな理由で着用しましょう。

就活生がネクタイピンを付ける際の選び方とは?

先に、ネクタイピンの必要可否と、その理由について説明をしました。

ネクタイピンには実は様々な種類と色があります。

それではもし付けるのであれば、どのようなデザインや色のものがいいのでしょうか?

ネクタイピンの主な種類と色とは

ネクタイピンには大きく分けて5種類がありますが、その中でも最も日本で主流な2種類について簡単に解説します。

タイクリップ

タイクリップタイクリップのタイとは英語で「Tie」を表し意味は「ネクタイ」を表します。

タイクリップはネクタイピンの中で最も主流なタイプのものであり、付けていて間違いのないものです。

クリップなのでバネの力を使いネクタイとシャツを挟み固定します。

ネクタイピンを初めて付ける場合や選ぶ種類に自信のない方はこのデザインを選ぶことをおすすめできます。
就活生が付けるネクタイピンとして一番オススメのものです。

タイバー

このデザインではバネの力を使いネクタイとシャツを挟むのではなく、金属自体がもつ弾力を使い挟むものです。

バネのもつ力ではない上にネクタイやシャツに対する圧力が少ないので、ネクタイやシャツをあまり傷めないことが利点としてあります。

就活やビジネス用としても問題のないデザインです

ただ初めてネクタイピンを付ける人には少しハードルの高いデザインであるので必ずしも付ける必要性はありません。

選ぶべきネクタイピンの色は?ゴールドはNG?

主なネクタイピンの色としては「シルバー(銀色)」「ゴールド(金色)」があります。

その中でも就活生やビジネスマンが付けて間違いない色としては「シルバー(銀)」が間違いのない色です。

シルバーは目立つことがなく付けていて最も安心できる色です。

ゴールドですとオシャレすぎなイメージであったり、派手なイメージがありますので就活には不向きと言えます。

もしネクタイピンを付けるのであれば色はシルバーにすべきと言えるでしょう。

就活生がつけるべきネクタイピンとは

ここまでネクタイピンの種類と色について簡単に解説をしました。

就活生が着けるべきネクタイピンとしては、

シルバーのタイクリップ

シルバーのタイクリップ
が一番良いといえますので、もしネクタイピンを付けるのであれば、是非そちらを選んでいただければと思います。

意外と簡単?ネクタイピンの付ける位置と付け方とは

ここまではネクタイピンの必要性と種類や色について簡単に解説してきましたが、就活をするとき、ネクタイピンはどの位置に持ってくるとよいのでしょうか。

ここでは、ネクタイピンの付け方について簡単に解説していきます。

ジャケットを着用している場合

シャツだけでなく、スーツまたはジャケットを着用している場合でのネクタイピンの位置は、「上着の第1ボタンの少し上ぐらい」が目印です。

ジャケット着用時の注意は、ネクタイピンを上にしすぎずあまり主張しすぎないようにしましょう。

あくまでもジャケットから見えるか見えないかぐらいの、ぎりぎりの位置に付け、正しい位置で意味のある付け方をしましょう。

ネクタイピンはあくまでパーツであるので、あまり目立たせすぎないことが肝心です。

ワイシャツだけのときは第4ボタンを目印に

スーツやジャケットを脱いでワイシャツだけの場合は、「ワイシャツの第4ボタンと第5ボタンの間」が目印です。

ジャケット着用のときよりも少し下につけるのがポイントです。

挨拶や立ったり座ったりしたときに動かないよう、少し下目にしておきましょう。

つけ方も見えやすいですから、ネクタイに少しゆとりを持たせ、引っ張りすぎない程度にして留める、という基本の留め方をしっかりと守ってください。

ベストを着ているときはつけなくてOK

就活の場ではあまり見かけませんが、ベストを着ているときはネクタイピン不要です。

ネクタイピンをつけた状態でぴったりとしたベストを着ると、ネクタイピンが邪魔になってしまいます。

同様にカーディガンを着ているときもネクタイピンは必要ありませんので、基本的なルールとして覚えておくとよいでしょう。

最近はクールビズの浸透や服装不問の会社が増加した影響で、面接時にジャケット・スーツ不要の会社もあります。

その場合はTPOに合わせて服装を選び、ネクタイやネクタイピンなしのコーディネートで面接に臨んでください。

就活におけるネクタイピンのまとめ

ここまでネクタイピンの必要性や種類、付け方を簡単に解説してきました。

ここでは就活生にとってのネクタイピンをまとめます。
オススメのネクタイピン

  • ネクタイピンは付けても付けなくても差はない
  • 付ける際には理由と付け方を大切にする
  • 就活生に合ったネクタイピンは「シルバーのタイクリップ

これらのことを意識し、自らの身なりに自信を持った就活を送りましょう。

TOP