就活写真スタジオ

覚えておきたい着こなしテクニック!就活生が結ぶべきネクタイの色

就活生は身だしなみも大切な要素です。ネクタイの色は第一印象を左右するものですから、適当なものを選ぶわけにはいきません。では、就活ではどんな色や柄が適切なのでしょうか。

初めてのネクタイ選びに役立つ「色・柄選び」をご紹介します。

1.就活で使うネクタイって何色がよい?

就活でのネクタイは何色をチョイスするとよいのでしょうか。いくつかネクタイは持っているかもしれませんが、はたしてそれでよいのかと疑問にも思うでしょう。ここでは、就活ネクタイの色についてご紹介します。

青系の色はスマートでフレッシュな印象に

最もオーソドックスで無難な色は青系といって間違いないでしょう。青は知的・真面目という印象を与えられる色ですから、就活には欠かせない色です。無地よりもストライプのほうがさわやかな印象を与えます。

少しフレッシュな印象にしたい場合は水色や紺色のチェックを選びましょう。青系のネクタイはどんな面接官にも好かれやすく、好印象です。

最初のネクタイ選びは青色系から始めるのがおすすめです。業界を問わず使いやすい色ですから、青系のネクタイは複数持っているとよいかもしれません。

赤系の色は情熱的でやる気のある印象に

「赤は情熱の色」というイメージそのままに、赤系のネクタイも情熱的・勢いがあるという印象を与えられる色です。就活には派手な赤色は避け、少し落ち着いた暗めの赤色、えんじ色などを選ぶとよいでしょう。

赤色=派手というイメージもあるため、人によっては「赤色のネクタイなんて…」と思われるかもしれませんが、よほど業界のルールがない限りは、赤系のネクタイでも支障はありません。

無地の赤色は派手になりがちなので、ストライプやチェック柄がおすすめ。気合を入れやすい色なので、ここぞ!というときの勝負ネクタイにしていてもよいかもしれません。

黄色は若々しく明るい印象

若々しく明るい印象の黄色は、ベースを黄色にしたチェック柄が最もベーシックです。顔を明るく見せる効果があるので、表情が大切な接客業の面接に向いています。

活動的でアクティブな印象も与えられる色ですから、営業職を目指す人も持っておくとよいかもしれません。

黄色は少し派手な印象を持つかもしれませんが、黄色は紺色のネクタイととても相性がよく、入社してからも使い勝手がよいネクタイとして活躍してくれます。

明るすぎない淡い黄色なら合わせやすく、就活生のアイテムとしても役立ってくれるでしょう。

2.就活ではNGなネクタイの色は?

就活でNGとされるネクタイの色を知っておけば、面接時に避けることができるでしょう。ここで、就活でNGのネクタイカラーについて解説します。

ピンク系は派手な印象になるのでNG

ピンクのネクタイはおしゃれな男性から支持が高いネクタイの色ですが、就活の場ではあまり向いているとはいえません。カジュアルな雰囲気になってしまうため、真面目で仕事ができる印象にならないためです。

また、ピンクは派手な印象になりがちですから扱いにくい色でもあります。ネクタイ初心者の就活生はできる限りピンク系を避けて、慣れてきたらワードローブに加えるぐらいの気持ちで選びましょう。

同じ系統である薄い紫も就活生向きではありません。優しい印象になりますが、意思が弱いイメージになることがあるので避けましょう。

黒の無地、白の無地は冠婚葬祭の雰囲気に

黒・白の無地のネクタイは冠婚葬祭でよく見かける色ですから、就活には向いていません。紺色のスーツには黒・白のネクタイは合いませんし、使い勝手もよくないので、就活用に買うのは避けたほうが無難です。

また、同じようにグレーのネクタイもあまり好印象ではありませんので、就活用ネクタイには向いていないといえるでしょう。グレーを選ぶなら小さなドットやストライプなど、柄が入ったものにしてください。

ゴールドやシルバー、派手な柄は避けよう

就活に派手さやおしゃれな雰囲気は必要ありませんから、ゴールドやシルバー、派手な柄物は避けておきたいものです。組み合わせ方によっては非常に洗練された雰囲気を出せますが、就活の場ではあまり好印象を残せません。

特に公務員や金融系の堅い職業の人は、派手な印象にならないように注意してください。派手な色合いではないものの、緑系のネクタイも少し扱いに困る色です。

緑はグレーのスーツと相性がよいですが、紺色のリクルートスーツを選ぶことが多い就活生にとっては、使い勝手が悪いと感じることもあるはずです。

ネクタイとスーツの組み合わせ方に慣れるまでは緑色、特に明るめの色は選ばないようにしておきましょう。

3.面接だけではなく、履歴書でもネクタイの色は重要

面接のときのネクタイカラーばかり気にしてしまいがちですが、履歴書に使用する写真を撮影するときにも気をつけるべきだといえます。

写真撮影でも面接のつもりでネクタイを選ぼう

ネクタイが見られるのは面接だけではありません。履歴書の写真でもネクタイの色が見られています。第一印象が大切なのは面接も履歴書も同じなのです。少しだけしか見えないからといって気を抜かず、面接に臨むつもりでネクタイを選んでください。

スーツもネクタイも面接のときと同じでかまいません。バリエーションをつける必要はないので、好印象で色の組み合わせがよいものを選んでください。

柄や色は「オールマイティ」に!

履歴書はいくつもの企業に提出するものですから、スーツもネクタイもオールマイティにしておくのが大切です。どの業界、どの企業でも好印象を持たれるような、オーソドックスな組み合わせにしておくべきだといえます。

紺色、もしくはグレーのスーツに青系のネクタイが最もオーソドックスです。自分なりの個性を出したいなら、手持ちのスーツとネクタイを組み合わせてみて、顔に映えるものを人に選んでもらってください。

履歴書の写真はプロへ依頼してベストな仕上がりに!

そして履歴書の写真を撮るとき、最も大切なのは写真館でプロに撮影してもらうことです。比べてみるとよくわかるのですが、インスタントの写真とプロが撮った写真は第一印象がまったく違います。

履歴書で好印象を持たれるよう、プロは気を使いながら撮影してくれますし、表情も指導してくれます。写真一つでも印象が違ってくるのですから、ここはぜひプロの手を借りましょう。

評判のよい写真館は先輩に聞くと教えてくれます。学生時代の先輩に聞いて、履歴書写真が得意な写真館で撮影してください。

4.就活生らしいネクタイの色で好印象を獲得しよう

就活生が選ぶべきネクタイの色は限られているようにも思えますが、就職をしてからさまざまな色を楽しむことができます。それまでは、就活生らしいネクタイ色を選ぶことを心がけ、面接官にも好印象を抱いてもらえるようにしましょう。

同様に、企業に提出する履歴書に使用する写真を撮影するときも、ネクタイへの注意を忘れてはなりません。

TOP